マグミクス | manga * anime * game

『刀鍛冶の里編』作者痛恨のミス!? 謝罪に「さすが炭治郎の作者」

『鬼滅の刃』は「刀鍛冶の里編」のTVアニメ化が決定し、ファンの期待は高まるばかり。まだ「週刊少年ジャンプ」で連載されていた頃、作者の吾峠呼世晴先生によるミスが発生していました。「刀鍛冶の里編」収録巻で、吾峠先生が謝罪しています。

アニメ放送決定時の「刀鍛冶の里編」での微笑ましいミス

著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第13巻(集英社)
著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第13巻(集英社)

『鬼滅の刃 遊郭編』の最終回放送後、「刀鍛冶の里編」のTVアニメ化が発表されました。毎週日曜の放送が終わり、「鬼滅ロス」に陥ったファンは、「刀鍛冶の里編」の放送開始を心待ちにしています。アニメ「刀鍛冶の里編」の放送を待つ間、「この時期、こんなこともあったな」と思い返せる、ちょっとした小ネタをご紹介します。

 まだTVアニメが放送開始される前、単行本に吾峠呼世晴先生の「ミス」が発生していました。吾峠先生は「刀鍛冶の里編」収録巻のおまけページで謝罪していますが、とても微笑ましいミスでした。

●3姉妹の名前を間違える

 単行本第7巻の巻末おまけページで『中高一貫☆キメツ学園物語!!』のキャラクター、高田なほ・寺内きよ・中原すみの3人娘が中等部1年紅葉組の生徒として紹介されました。

 しかし、第13巻のおまけページで、作者から「お詫び」との発表が。3人娘の名前が間違っていたのです。

 正しくは、単行本第7巻で「なほ」と紹介されていた少女が「すみ」。そして、「すみ」と書かれていた子が「なほ」です。お詫びのページでは、吾峠先生の自画像であるメガネをかけたワニが「スミマセン 名前をまちがえました にらまれています」と平謝りしています。

 3人娘の違いは髪型だけで、顔つきはそっくり。吾峠先生でも間違えてしまうくらいなので、気が付かなかった読者も多いのではないでしょうか。

※これ以降、まだアニメ化されていない内容の記載があります。

【画像】吾峠呼世晴先生の「ミス」が収録された巻

画像ギャラリー

1 2