マグミクス | manga * anime * game

実際に使えれば最強…習得したいスポーツマンガの必殺技は? どこからでもシュート

スポーツマンガで描かれるさまざまな「必殺技」のなかには、現実世界にあれば無敵の「チート級」と言われること間違いなしの技も少なくありません。ネット上では「実際に習得したいスポーツマンガの必殺技」が話題を呼んでいます。さっそく紹介します。

テニスで絶対に負けない必殺技は?

全国大会決勝戦で手塚VS真田の激闘が描かれた『テニスの王子様』40巻(集英社)
全国大会決勝戦で手塚VS真田の激闘が描かれた『テニスの王子様』40巻(集英社)

 スポーツマンガではキャラやストーリーだけでなく、現実ではありえない「必殺技」が注目を集めることも少なくありません。今回はネット上で「現実世界で使えたら最強になれる」という声も上がっている、「習得したいスポーツマンガの必殺技」を紹介します。

 まず「喉から手が出るほどほしい!」とのコメントが多くあった必殺技は、『テニスの王子様』で手塚国光が披露した「零式サーブ」。ボールが全く弾まないドロップショットとなる「零式サーブ」はそもそも打ち返すことすらできないため、テニスにおいては無敵と言える技です。相手の打球を全てコートの外に出してアウトにする「手塚ファントム」も駆使すれば、世界ランク1位の選手ですら相手にならないでしょう。

 また『黒子のバスケ』の「キセキの世代」のひとり・緑間真太郎の必殺技「超長距離(スーパーロングレンジ)3Pシュート」も、ぜひ手に入れたい技のひとつです。「コートのどの位置からでもほぼ100%の確率で点を決める」という驚異的なシュートで、いとも簡単に点数を稼ぐことができます。ちなみにNBAで活躍するトッププレイヤーでさえ、3Pシュートの成功率は40%前後。緑間の持つ必殺技は、NBA選手たちをはるかに凌駕していました。

 他にもネット上では、「『巨人の星』の「消える魔球(大リーグボール2号)」さえ使えれば、最強の投手になれるのに(笑)」「『アイシールド21』のセナが披露した『デビルバットゴースト』って、アメフト以外のスポーツでも無双できると思う」「『キャプテン翼』のコンビプレー『スカイラブハリケーン』は、一度でいいからやってみたい!」などの声が。物理的に再現が難しくマンガの世界でしか成しえない技もあるものの、キャラクターたちが繰り出す「強力な必殺技」は多くの読者に夢を与えているようです。

(マグミクス編集部)

【画像】習得したいスポーツマンガの必殺技は?人気スポーツマンガを振り返る(5枚)

画像ギャラリー