マグミクス | manga * anime * game

聞かなきゃ終われない、アニメの予告〆ゼリフ 「本編ではほとんど言ってない」有名ワードも

「この次もサービス、サービスぅ!」の意味とは?

「へのつっぱりはいらんですよ!!」と毎週言われるのはどうなのだろう… 画像は「『キン肉マン』コンプリートBOX」(完全予約限定生産) [DVD](TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D))
「へのつっぱりはいらんですよ!!」と毎週言われるのはどうなのだろう… 画像は「『キン肉マン』コンプリートBOX」(完全予約限定生産) [DVD](TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D))

●キャラの決めゼリフで〆る系

 キャラクターの印象的な決めゼリフを、次回予告の〆に持ってくるパターンもあります。たとえば、『北斗の拳』の「お前はもう死んでいる」や、『キン肉マン』の「へのつっぱりはいらんですよ!!」などは、その代表格でしょう。番組終わりに毎週「死んでいる」だの「へのつっぱり」だの言われるのはどうなの? という気がしないでもないですが、最後にもう一度必殺の決めゼリフを聞きたい……という思いに応えてくれているのでしょうね。

 他にも『ワールドトリガー』では、武器であるトリガーを起動(オン)するときの決めゼリフ「トリガーオン」が、『魔法使いプリキュア!』では魔法の呪文「キュアップ・ラパパ!」が予告の〆ゼリフになっています。プリキュアではそれに続いて「今日もいい日にな~れ!」と願ってくれるのですから、最後まで見ない手はありません。

 ちなみに『ONEPIECE』の「海賊王におれはなる!!」は、ルフィのおなじみの決めゼリフ……かと思いきや、本編中ではほとんど登場しないのです。耳なじみなのは、毎週の予告〆ゼリフで聞いているからのようです。

●我が道をゆくオリジナル〆ゼリフ系

 お願いでもない、決めゼリフでもない、独特な〆ゼリフもあります。その筆頭は『新世紀エヴァンゲリオン』の「この次もサービス、サービスぅ!」でしょう。今週何をサービスされたのかもよく分からないのに、この次もサービスしてくれるという謎のセリフ……だと思っていたのですが、庵野秀明監督によると「エヴァンゲリオンはサービス過剰なんです。ただで見せるものにしては凝り過ぎですから。ウチが貰ってる予算で作るにしては高価すぎる」。ハイクオリティな作品自体がサービス、ということに思い至らなかった自分を反省しました。

 作品の世界観を感じさせる予告〆セリフもあります。『聖闘士星矢』の「君は、小宇宙(コスモ)を感じたことがあるか!?」、『機動戦士ガンダム』の「君は生き延びることができるか」、『美少女戦士セーラームーン』の「月の光は愛のメッセージ」などなど。『幽☆遊☆白書』の「伊達にあの世は見てねぇぜ!!」も、物語のはじめに死んでしまった主人公・幽助が放つ秀逸な〆ゼリフですが、実はこれ「週刊少年ジャンプ」の「第8回キャッチフレーズグランプリ」で、当時17歳だった読者が応募した「ダテにあの世は見ちゃいねえ!!」が元になっているのだそうです。ファンだからこそくみとった、幽助の心の声だったのかもしれませんね。

 最近のアニメ予告では、映像のみでナレーションがない、映像すらなくタイトルのみ、というケースも増えてきましたが、予告まで余すことなく楽しみたいのがファン心理。これからもステキな次回予告と〆ゼリフに出会えることを、切に願っています。

(古屋啓子)

【画像】次回予告が「不吉すぎる」アニメを見る

画像ギャラリー

1 2