マグミクス | manga * anime * game

じわじわと鬱展開「思ってたのと違った」アニメ3選 「ハッピーエンドが見えない」

展開の読める王道アニメも楽しいですが、だんだんと不穏さが増し展開が読めないアニメも、ハラハラして面白いですよね。なんとなく感じていた違和感の正体が明かされたり、驚きの最終回を迎えたりと、思わずその不穏さを人に話したくなるような作品も。この記事では、じわじわと鬱になる、意外な展開のアニメを3作品ご紹介します。

「心臓えぐられたまま終わった……」ドキドキの不穏さに目が離せない

ドタバタラブコメディのなかに不穏さが……。画像は『まじもじるるも』Blu-ray第1巻(ポニーキャニオン)
ドタバタラブコメディのなかに不穏さが……。画像は『まじもじるるも』Blu-ray第1巻(ポニーキャニオン)

 予告PVや前評判を踏まえて見始めたアニメでも、「あれ……思ってたのと違う」と思うことってありますよね。徐々にストーリーの雲行きが怪しくなり、不穏な空気が流れだすものの、逆に気になって引き込まれたことのある方もいるのではないでしょうか。

 この記事では、じわじわと鬱になる、意外な展開のアニメを3作品ご紹介します。SNSでも「ハッピーエンドが見えない……」「え、これで終わりなの?」と評判です。

●『星合の空』(2019年10月~放送)

 志城南中学校の男子ソフトテニス部は、全国制覇を成し遂げている女子部とは対照的に、かなりの弱小チームです。女子部との練習試合でもボコボコにされ、卑屈になる部員たち。部長の新城柊真(しんじょう・とうま/CV:畠中祐)は、廃部の危機に陥った部を何とか立て直そうと、必死になっていました。

 その頃、柊真の幼なじみである桂木眞己(かつらぎ・まき/CV:花江夏樹)が、志城南中に転校してきます。柊真は、シングルマザーである母を支えるべく家事全般を請け負う眞己を、必死に勧誘。嫌がる眞己でしたが、「入部してほしいなら」と、ある条件を提示して――?

『星合の空』は、『コードギアス 亡国のアキト』『天空のエスカフローネ』の赤根和樹さんが監督・原作・脚本を務める、オリジナルアニメです。一見、男子中学生の爽やかな部活アニメに見える本作ですが、眞己をはじめ部員のほぼ全員が、家庭に問題を抱えています。

 第1話の前半では、母と仲良くふたり暮らしをしている眞己の様子が描かれます。しかし、ソフトテニス部に入る代わりに、眞己が柊真につきつけた条件は「金」。「俺は趣味で部活なんてやらない。金が心配だから」と言う眞己。それもそのはず、眞己自身もとある人物に、定期的に金をせびられていたのです。

 どこか無気力で、ひねくれた雰囲気が漂っている男子ソフトテニス部。そんな彼らの背景には、親からの虐待や過干渉など、あまりにも生々しい現実があります。その現実を淡々と、ひとりずつ描く本作は、「ソフトテニスの楽しさ」よりも、「毒親の恐ろしさ」がよく分かる作品かもしれません。

 なお、本作はもともと全24話2クールを予定していたものの、急きょ全12話1クールに変更となったためか、最終第12話は非常に続きが気になる展開となっています。ただ、監督の赤根さんはTwitterで「現在13話のシナリオの改訂稿を執筆中です」と発言。完成した場合はネット上での公開も考えているそうです。この作品は、「DMMプレミアム」「FOD」「Hulu」などで見ることができます。

●『ダーリン・イン・ザ・フランキス』(2018年1月~放送)

 舞台は大地の荒廃した、遠い未来。人類は移動要塞都市「プランテーション」のなかで暮らしていましたが、「叫竜(きょりゅう)」と呼ばれる謎の巨大生命体に襲撃を受けるようになっていました。人類は叫竜に立ち向かうため、「フランクス」と呼ばれる巨大ロボット兵器を開発。フランクスに乗れるパイロットは、「パラサイト」と呼ばれていました。

 パラサイトのひとりであるヒロ(Code:016/CV:上村祐翔)は、かつて神童とよばれていたものの、入隊式前のテストで落第してしまいます。落ち込んだヒロは、入隊式に出ず森を散策していましたが、そこで謎の少女・ゼロツー(Code:002/CV:戸松遥)と出会います。ゼロツーの頭には、2本の赤いツノが生えていて――?

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』は、『キルラキル』のTRIGGERと、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のA-1 Picturesが制作を担当した、オリジナルアニメです。パラサイトの「コドモ」たちは、人類を守る使命を背負い、その身を削りながら戦います。

 設定や世界観がどこか『新世紀エヴァンゲリオン』と似ていることで話題となった本作。しかし、本作のパラサイトは一般人から選ばれたわけではなく、フランクスに乗るために「造られた」人間です。そのため、進化したオトナたちとは違い生殖機能を持ち、コード番号が本名となっています。

 訓練や投薬を経てパラサイトになったコドモたちは、オトナたちや「パパ」と呼ばれる七賢人たちを守るためだけに戦います。しかし、思春期の彼・彼女たちにそのプレッシャーは大きく、またフランクスは「生殖機能のある男女ペア」での操縦が必要なことから、心身共にかなりの負荷を強いられるのです。

 戦いを経るなかで、パラサイトたちは「コドモ熱」にかかったり、髪が白髪になってしまったりと、じわじわと消耗していきます。さらに、パラサイトたちが暮らす施設「ミストルティン」には、水やパパたちからの連絡が徐々に途切れるように。それとともに、謎に包まれた世界観が、少しずつ明らかになっていくのです。

 さらに、パラサイトたちも最初から仲良しだったわけではありません。ペアである異性との不仲、戦闘成績の上下など、思春期のコドモたちにはあまりに辛い環境が、その関係性をギスギスさせているのです。そしてその逆に、パパが教えていないレベルで仲良くなっていくペアも……。この作品は、「dアニメストア」「U-NEXT」「Amazonプライム・ビデオ」などで見ることができます。

【画像】あれ、鬱展開になった…「思ってたのと違った」アニメを見る (5枚)

画像ギャラリー

1 2