マグミクス | manga * anime * game

オーディションで「挨拶」できない声優も? 「萌えキャラNG」指示で分かれた命運【この業界の片隅で】

「萌えキャラNG」で、およそ半数が脱落!?

監督と音響監督の意向に、声優は?(画像:写真AC)
監督と音響監督の意向に、声優は?(画像:写真AC)

 壁に貼り付けられた現場指示のなかに、目を引いたものとして、「萌えキャラで演じないでください」というのがありました。作品としてはいわゆる美少女アニメなのですが、人物の心情を深彫りする狙いから、演技の側からも心の機微を細かく表現できるか見定めたいという、監督と音響監督の意向に沿ったものです。この指示のせいで、およそ半数が脱落したように思います。私の耳でも聞き分けられるほど、はっきりと戸惑い、あるいは方向性を見失い、いわゆる棒読みになってしまう方が多数いたのです。

 どうして、そのようになってしまうのでしょう? オーディション終了後に音響監督に尋ねたところ、このような答えが返ってきました。「いかにもアニメっぽいキャラを頭のなかで作り込んできて、それをアニメっぽく再現することを、役作りや演技であると勘違いしているからです」と。

 きつい言い方ですので、アニメ自体がダメだ、萌えキャラは低レベルなものだと述べているようにも聞こえますが、そうではないでしょう。現場で求められるのは、「それっぽいだけ」にとどまらない、台本に書かれたせりふの意図を十二分にくみ取って、それを声で表現してみせる確かな表現力である、という意味ではないでしょうか。

「萌えキャラで演じないでください」の指示のせいで、残念ながら実力を発揮できなかった方の多くが、以前に申し上げた「瞬発力」にもやや欠ける傾向があったのも、否定できない事実です。音響監督から、「今の演技はこのように変えてください」と指示をされても、うまく変えられないし、自分では変えたつもりでも変わったように聞こえないのです。

 また、オーディションには、多数の作品にほとんど常時出演している、いわゆる人気声優の方もいらっしゃいました。「台本のこのせりふには、こういう意図があるのでしょうか?」と質問をしてきたのは、ひとりの例外もなく、そのような人気声優だったことは、特記してよいかと思います。

 この記事を書くに当たっては、音響監督をはじめスタジオの皆さまのご厚意で、私自身も録音ブースに入って声優の皆さんと同じ台本を読むという体験ができました。もちろん、ただ読むだけでなく、音響監督のリテイクを受けながら演じるというものです。そのあたりも踏まえた体験記を、次回も引き続き書いていきたいと思います。

(おふとん犬)

【画像】劇場版の公開が迫る『SHIROBAKO』では声優オーディションの場面も(5枚)

画像ギャラリー

1 2