マグミクス | manga * anime * game

まさかのアニメ化『実況パワフルプロ野球』、今後アニメで描いて欲しい名(?)シーン

迫力満点の試合シーン。シリーズ人気キャラの活躍は?

メガネがトレードマークの矢部明雄くん。Webアニメにも登場している
メガネがトレードマークの矢部明雄くん。Webアニメにも登場している

●憎めない友・矢部明雄くん

 今回のWebアニメでも登場する矢部明雄くんというキャラにも注目です。シリーズお馴染みのキャラで、顔には丸メガネ、語尾に「やんす」をつけて話すのが特徴です。たまに余計なひと言を放って主人公のモチベーションを低下させる油断ならない一面はあるものの、主人公がクリスマスに彼女がいなくて寂しく過ごしていると「気晴らしに遊びに行こう」と誘ってくれるなど、根は優しい親友です。ぜひいつか、彼を主人公にしたスピンオフエピソードにも期待したいです。

●エフェクト掛かりまくりの試合シーン

 パワプロの醍醐味のひとつに、試合中、選手たちのプレーを華やかに彩るエフェクトがあります。例えば、チャンスに強いバッターが満塁の場面で打席に立つと体からオーラが発せられ一時的に能力が上がる演出がなされます。

 ピッチャーが投げる球も同様で、さまざまなエフェクト効果によって、より迫力が増します。今回のアニメでも、星井スバルのオリジナル変化球「スタードライブ」が描かれていますが、ゲームでは「爆裂ストレート」「ソニックライジング」「サンダーボルト」「マリンボール」などの演出もかなり派手なものになっています。ぜひ、これらもアニメで実現して欲しいです。

●パワプロあるある小ネタ

 最後に、パワプロでよくある小ネタをご紹介します。まずは「監督へのゴマすり」。育成モードでは能力を上げるため、試合に出て経験値を得ることが大事なのですが、これには監督からの好感度が高くなければいけません。そのため、監督が好む練習メニューを多く実践したり、監督に直接電話を掛けてアドバイスを請うたりと、見え見えのアピールも大事となります。勝負の世界で勝ち残るには巧みな戦略が必要だと学べます。

 また「栄冠ナイン」という、自分が監督になってチームを運営するモードでは、時々選手が練習をサボって「怪しい本」を読むというイベントが発生します。そして「怪しい本」を読んだ選手はなぜか「弾道」という打球の角度が上がる能力がアップするのですが……こういった小ネタギャグもぜひアニメで見てみたいです。

 熱い友情からギャグまで、いろんな楽しみ要素が詰まったパワプロ。今後のアニメ化の展開に期待したいところです。

(吉原あさお)

【画像】今作Webアニメのストーリーとも関係? 『パワプロ』の小説版ストーリー

画像ギャラリー

1 2 3