マグミクス | manga * anime * game

普通の名字で逆に目立つキャラ4選 一人だけ村田、加藤…それでもみんな魅力的!

マンガ、アニメ作品において、キャラクターの名前は作品の雰囲気を象徴します。今回は個性的な名字のキャラがひしめくマンガのなかで、なぜか紛れ込む「普通名字」キャラたちをご紹介します。

名前は無個性でもしっかり活躍!「普通名字」キャラの魅力

佐藤警部補ほか、警視庁の面々が表紙の「名探偵コナンDVDコレクション: バイウイークリーブック」10巻(小学館)
佐藤警部補ほか、警視庁の面々が表紙の「名探偵コナンDVDコレクション: バイウイークリーブック」10巻(小学館)

 マンガやアニメのキャラはそのデザインと同じくらいネーミング、なかでも「名字」は重要です。たとえば令和を代表する少年マンガ『鬼滅の刃』(著:吾峠 呼世晴)の主人公はご存知、竈門炭治郎。炭治郎という名前もさることながら、竈門(かまど)という姓が古風な作品の世界観とマッチしています。こんな風に、マンガの世界観というものは、個性的な名字によって彩られていることもあるのです。

 一方、周囲は変わった名字ばかりなのに突如として一般的な、ありていに言えば「平凡」な名字のキャラクターが投入されることもあります。この記事ではそんな現実世界では普通のはずが、他の名字が濃すぎてむしろ目立つ名前のキャラたちを紹介します。

※この記事では、日本の名字の約99%を網羅している「名字由来net」に掲載の全国名字ランキングを、キャラの名字の横に( )で記載しています。ランク不明の名字は「圏外」と記載しています。

●普通ゆえに目立つ脇キャラ……『鬼滅の刃』の村田さん

 前述の竈門(8万8984位)もそうですが、善逸の「我妻(あがつま:1028位)、伊之助の「嘴平(はしびら:圏外)」など、『鬼滅』の主要キャラたちはみんなちょっと変わった名字のキャラだらけです。煉獄さん(れんごく:圏外)なんてその最たるものでしょう。柱のなかではまだ比較的普通に思える、義勇の名字、「冨岡」ですら1822位です。

 さて、そんな個性豊かな鬼殺隊の名簿のなかでむしろ目を引くのが、一般隊士・村田さん(80位)の存在。煉獄、竈門、我妻、村田……この親しみやすさ。これは、画数の差だけではないはずです。実際、村田さんは『鬼滅』の世界における良心として、十分すぎる活躍を見せてくれました。ちなみに後処理部隊「隠」の後藤さん(35位)も、炭治郎たちを心配してくれる良心的存在です。

●ここにきて日本最多名字を?……『名探偵コナン』の佐藤美和子警部補

『名探偵コナン』(著:青山剛昌)のキャラクターは基本的に、元ネタありきのネーミングであることは有名です。主人公・コナンの名字・江戸川(2万6985位)は、とっさに「江戸川乱歩」から拝借したもの。毛利小五郎も名字の毛利(611位)は「アルセーヌ・ルパン」の生みの親、モーリス・ルブランからもじっています。また阿笠博士(圏外)の名字は推理作家アガサ・クリスティ、目暮警部(圏外)は推理作家ジョルジュ・シムノンの作品に登場するジュール・メグレ警視が元ネタです。

 さて、そうなってくると際立ってくるのが、全国1位の名字である佐藤美和子警部補の存在です。確かに同僚には高木刑事(68位)や千葉刑事(91位)などの普通の名字キャラがいますが、彼らの名前は担当声優から後々になってつけられたもの。一方、佐藤刑事に関しては、作者の青山先生の知人からつけられたなんて説がある程度です。特に元ネタなく、日本で最も多いとされる名字を与えられた彼女ですが、作中においては数々の派手なアクションシーンを担い活躍している点は、興味深いところでもあります。

1 2 3