マグミクス | manga * anime * game

「初代PS時代」並の勢い! スクエニの2022秋・冬ゲームラインナップがすごい

初代PSが特に盛り上がっていた1990年代後半、数多くの名作がこの時に生まれました。スクウェアとエニックスも、この時期に数多くのタイトルを放ち、ゲームファンを歓喜させました。あれから20年以上の時を経た今、当時のような熱気をスクウェア・エニックスが見せています。

注目作が目白押しだった、1990年代後半のスクウェアとエニックス

1990年代後半、スクウェアとエニックスは如何なるタイトルを放ったのか。画像は、ニンテンドースイッチ版『ファイナルファンタジーVII』
1990年代後半、スクウェアとエニックスは如何なるタイトルを放ったのか。画像は、ニンテンドースイッチ版『ファイナルファンタジーVII』

 スクウェア・エニックスといえば、数あるゲームメーカーのなかでも知名度が特に高く、ゲームファンたちが熱狂した代表作を挙げればキリがないほどです。

 いつの時代も活躍し続け、今や国内外にその名を知らしめていますが、この秋・冬は特に同社の新作や話題作が相次いでおり、その勢いはまさの怒涛のごとく。すべての作品を追いかけたら、とても時間が足りないほどです。

 こうした活気は、毎月のように注目作がリリースされた初代「PlayStation」時代を思わせます。あの頃はまだ合併前だったため、スクウェアとエニックスは別会社でしたが、それぞれの路線で魅力的な作品を次々と放っていました。

 初代PS時代は、もう20年以上も前の話。そのため、当時の活躍を知るどころか、それ以降に生まれたゲームファンも数多くいます。そこで、スクウェア・エニックスがこの秋・冬に行うパワフルな展開に迫るとともに、PS時代のスクウェアとエニックスが放った主なタイトルなども併せて振り返ります。

●PS時代のスクウェアは熱かった!

 初代PSが発売されたのは、1994年12月3日のこと。ですが、この時はまだ新参のゲーム機だったため、各メーカーの参戦にはバラつきが見られます。PSの発売日と同時に参戦したナムコ(『リッジレーサー』)やコナミ(『極上パロディウスだ! DELUXE PACK』)とは異なり、スクウェアのスタートは遅めでした。

 ですが同社は、1997年からPSに向けた果敢なアプローチを行います。まずは、1月に『ファイナルファンタジーVII』を投じ、大きな衝撃を与えました。そして、3月には『ブシドーブレード』、4月には『トバル2』、6月に『ファイナルファンタジータクティクス』と、上半期の主だった人気作だけでも、これだけのものが並びました。

 また下半期も、『サガ フロンティア』(7月)、『フロントミッション セカンド』(9月)、『アインハンダー』(11月)、『フロントミッション オルタナティヴ』(12月)、そして『チョコボの不思議なダンジョン』(12月)と、上半期に劣らぬ話題作が登場。

 その勢いは1998年に入っても変わらず、今もリメイクやリマスターの要望が大きい『ゼノギアス』(2月)をはじめ、『ブシドーブレード2』(3月)、『パラサイト・イヴ』(3月)、『双界儀』(5月)、『ブレイヴフェンサー 武蔵伝』(7月)、『エアガイツ』(12月)、『チョコボの不思議なダンジョン2』(12月)など、意欲的な新作から人気作の続編まで多彩な編成を見せました。

 そして1999年には、満を持して『ファイナルファンタジーVIII』(2月)が登場したほか、『チョコボレーシング ~幻界へのロード~』(3月)、『サガ フロンティア2』(4月)、『レーシングラグーン』(6月)と、充実したラインナップで上半期を飾ります。

 ですが、下半期はさらに力強いタイトルが並び、『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』(7月)、『フロントミッション サード』(9月)、『デュープリズム』(10月)、『クロノ・クロス』(11月)、『パラサイト・イヴ2』(12月)、『チョコボスタリオン』(12月)が登場。今も高い人気を集めるシリーズ作や、復活を望む声が後を絶たない作品などが当時のゲーム業界を賑わせました。

 2000年に入ると、「PlayStation 2」が発売されたため、新作へのリリースはそちらへと移り、PS向けの完全新作はこの年で区切りを迎えました。ですが、完全新作だけでも『ベイグラントストーリー』(2月)や『ファイナルファンタジーIX』(7月)といった大作が出ており、PS最後期を鮮やかに彩ります。

●人気シリーズから個性的な作品まで、力強かったエニックスの展開

 一方エニックスも、第1弾の『RIVEN THE SEQUEL TO MYST』を発売したのは1997年12月。PSへの本格参入は遅めでしたが、しかし1998年から一気に躍進を見せ、『スターオーシャン セカンドストーリー』(7月)、『アストロノーカ』(8月)、『いただきストリート ゴージャスキング』(9月)と、シリーズ作や話題作が相次ぎます。

 そして1999年は、『トゥームレイダー3』(3月)、『ミスティックアーク まぼろし劇場』(3月)、『せがれいじり』(6月)、『ラクガキショータイム』(7月)と、海外の人気作から個性的なタイトルまでズラリ。そして、『ドラゴンクエストキャラクターズ トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン』(9月)、『プラネットライカ』(10月)、『ヴァルキリープロファイル』(12月)などが続き、猛攻ぶりを示しました。

 スクウェア同様、2000年に入るとプレイ環境が変化し始めたため、エニックスも移行の準備を進めます。ですが、個性的過ぎて今も話題になる『鈴木爆発』(7月)や、エニックスの代名詞とも言える人気シリーズの『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』(8月)を放つなど、最後までPSに向けて全力を出し切りました。

 ちなみに今回挙げたタイトルは、両社がこの時期にリリースした全作品ではなく、主なものだけをピックアップしています。それなのに、これだけのタイトルが年単位で出続けており、当時の活気には改めて驚かされます。

【画像】名作の続編も! 2022秋~冬のスクエニ注目作を見る(7枚)

画像ギャラリー

1 2