マグミクス | manga * anime * game

ファミコン少年少女が号泣、殺意満々の「激ムズ」ソフトたち 「1面すらクリアできない!」

家庭用ゲーム機の爆発的普及に貢献したファミコン。しかし、当時プレイしたゲーム全てをクリアしたという方は少ないのではないでしょうか。黎明期ゆえのバランス調整不足、移植元のゲームが高難易度だったこと、セーブがなくてやり直しがきかなかったこと……さまざまな理由によりファミコン少年を涙させた「激ムズ」なソフトをご紹介します。

プレイヤーの行く手を1面で阻んだ『魔界村』の「赤いアイツ」

カプコンから発売されたファミコン用ソフト『魔界村』(筆者撮影)
カプコンから発売されたファミコン用ソフト『魔界村』(筆者撮影)

 1985年に『スーパーマリオブラザーズ』が大ヒットしてから、ファミコンには同様の2Dアクションゲームが次々と発売されました。『マリオ』のように家庭用オリジナル作品もあれば、他媒体からの移植作品もあり、操作するキャラクターもゲームオリジナルキャラからアニメキャラまで千差万別。そして……難易度も千差万別。「激ムズ」と呼ばれる作品も登場しました。

 アーケードゲームの人気作品をファミコンに移植した、カプコンの『魔界村』もその渦中で登場した作品でした。原作ゲームの人気もあり、当時約160万本を売り上げた本作。しかし、当時のプレイヤーが本作の思い出を語る時の第一声はこうでしょう……「難しすぎ!」。

 元々、『魔界村』はアーケード版から高難易度で知られるソフトでした。嫌らしい敵の軌道や配置、特定の武器でしか倒せないラスボス、拾ってしまったら難易度が跳ね上がる一部の「使いづらい武器」。なんといっても本作の難易度を象徴するのは、ラスボスの魔王を倒したら、それまでの1週目は幻影だったという設定で、難易度が上がった2週目が始まることでしょう。ステージをやり直して2週目でラスボスを倒すと、ようやく「クリア」扱いとして、主人公のアーサーは姫を助けたことになり、エンディングが見られるのでした。

 高難易度とはいえ、トライ&エラーで攻略パターンを生み出せば、いずれクリアに到達できるというのが原作の『魔界村』でした。ホラー風味の敵デザインも魅力であり、ファミコンに移植された同作も上述した大ヒット作となりました。しかし、ファミコン版は見た目とは裏腹に原作と少々勝手が違っていたのでした……。

 キャラパターンの減少の影響でファミコン版は「カクカク」とした動きになり、操作性も悪化。敵の当たり判定も変化し、全体的に難易度が上昇していました。拾ったら強制的にカエルに変身するアイテムや、制限時間が減少する「偽弥七」といったマイナスアイテムも追加されました。また、特定の武器でしか倒せないボスが増え、道中の武器管理にさらに気を配らなければならなくなりました。

 移植版での操作感覚の変化が顕著に出た例が1面の「中ボス」である「レッドアリーマー」の強さでしょう。アーケード版では接近しながら連射するというテクニックで倒せたのですが、ファミコン版ではガチンコで相手しなければならなくなり、骨になったアーサーの屍が山積みにされました。ステージ開始時に全6面まである全体マップを見せられるのにも関わらず、のっけの1面から殺しにかかってくる本作は多くのユーザーにトラウマを与えたのでした。

【画像】子供時代のトラウマ!? カセットを見ると悪寒が(4枚)

画像ギャラリー

1 2