マグミクス | manga * anime * game

『ガンダム』お子様にはちと難しいカムラン・ブルームのカッコよさ その成長ぶりに涙

子供の頃に見ていた作品を大人になって見返すと、当時は感じられなかった良さがあらためてわかることがあります。『機動戦士ガンダム』にもそんな登場人物がいました。「メガネをかけた優男」カムラン・ブルームです。

安全圏に身を置く「父親頼り」のお坊ちゃま…だけど?

ミライ(左)とカムラン。映画『閃光のハサウェイ』場面写配布キャンペーン「ノア家のアルバム」より (C)創通・サンライズ
ミライ(左)とカムラン。映画『閃光のハサウェイ』場面写配布キャンペーン「ノア家のアルバム」より (C)創通・サンライズ

『機動戦士ガンダム』の中で「軟弱者」といえば「カイ・シデン」ですが、「優男」といえばこの人、サイド6の検察官にして「ミライ・ヤシマ」の元婚約者、「カムラン・ブルーム」です。

 カムランは『ガンダム』やガンプラに夢中になっていた男児の興味の範疇に入らないどころか、男児たちをとても苛立たせる登場人物だったといえるでしょう。メガネに貧弱な体型、敵と戦うどころか戦争に非協力的な振る舞い、その気がないミライに執着する態度など、「こんな男にはなるまい」と感じた男児は多かったのではないでしょうか。男児にも人気のあった屈強かつワイルドな職業軍人、「スレッガー・ロウ」と恋敵になってしまったのも、カムランのひ弱さを際立たせていました。

 しかし、男児たちも大人になり、さまざまな人生経験を積むとわかってくるのが、カムランという男のカッコよさです。『機動戦士ガンダム』の登場人物の中で、もっとも評価が変わったのがカムランといっても過言ではないでしょう。カムランとはどんな男だったのでしょうか。

●ミライとの再会

 カムランをひと言で説明するなら、「四角関係の中の負け役」です。『ガンダム』の中でも、もっとも複雑な恋愛関係であるミライ、スレッガー、カムラン、そして「ブライト・ノア」という四角関係の中で、ミライに手痛く振られたのがカムランでした。

 カムランの肩書は「サイド6の検察官」です。ミライとは親同士が決めた婚約者という間柄で、そしてミライの親は地球の超大物なので、カムランの親も相応の立場にいる人間だと推察されます。サイド6の首相官邸にもパイプがあるらしく、「ホワイトベース」が実業家「ペルガミノ」所有の浮きドックで修理できるようになったのも、カムランが首相官邸に働きかけたからです。

 ホワイトベースでミライと再会したカムランは、ミライを必死に探したことをアピールしますが、ミライは「なぜご自分で探してはくださらなかったの」とつれない態度をとります。その後もボディタッチを交えてグイグイ迫るカムランは、割り入ったスレッガーにコツンとやられて吹き飛んでしまいました。

●ミライへの一途な愛

 親が決めた婚約者とはいえ、カムランはミライに一途な愛を捧げていました。彼女を本気で探していたというのも嘘偽りはないのでしょう。ホワイトベースとコンスコン部隊との最初の戦闘に小さなパトロール艇で接近しようとしたカムランは、パイロットに咎められると「あの連邦軍の船には、私の未来の妻が乗り込んでいるんだ」と言い返しています。

 しかし、ミライにはまったくその気はありませんでした。あらためてカムランは「父の力を借りれば君がサイド6に住めるようにしてやれる」と迫りますが、「父」「父」と繰り返すカムランにミライは「わかってないのね」と涙を流します。

 カムランは自分から名乗り出て、ジオンの戦艦と「リックドム」がうようよしている中、非武装の宇宙艇でホワイトベースをサイド6の領空ギリギリまで先導しました。愛する女性を守るため、命を張って自分が盾になってみせたのです。

 別れ際、ミライは初めてカムランに心からの感謝の言葉を伝えます。

「カムラン、ありがとう。お気持ちは十分にいただくわ。でも、でも……。ありがとう、カムラン。帰ってください。お父様、お母様によろしく」

【お嬢様はビキニ派】こちらWB最モテ女子ミライさんの結構大胆なシーンと彼女をとりまく男たちです(7枚)

画像ギャラリー

1 2