マグミクス | manga * anime * game

中古価格に目玉が飛び出た!『メタルスレイダーグローリー』FC時代の終わりに登場

黄ばんだファミコンを引っ張り出し…

『メタルスレイダーグローリー ディレクターズカット』画像はWii Uダウンロード版(任天堂)
『メタルスレイダーグローリー ディレクターズカット』画像はWii Uダウンロード版(任天堂)

 頼み込んだ結果、無事に友人のひとりから『メタルスレイダーグローリー』を借りることに成功した筆者は、押し入れにしまい込んでいた黄ばんだファミコンを引っ張り出しました。筆者と10年近くの時間を共にした戦友にして老兵です。

 結果として、『メタルスレイダーグローリー』は、小学生の時に母にねだって買ってもらったファミコンで最後にプレイしたカセットとなりました。

 久々にTVにRFスイッチを取り付け、ファミコンを接続。カセットを刺して電源を入れると、無事に動いてくれました。表示されたビジュアルはファミコンのものとは思えないほど精緻に書き込まれており、自分が知らないところでこんなすごいカセットを作っていた人がいたのかと驚かされました。

 キャラクターのグラフィックが非常に多く、アニメーションで表情もころころ変わるのは、ファミコンカセットとしては信じられないほどのクオリティでした。ヒロインのエリナ・ファーファのシャワーシーンや主人公の妹、日向あずさのパンチラシーンなどのお色気シーンのグラフィックやアニメーションの出来栄えはこだわりを感じる仕上がりで、どれほどの情熱が注ぎ込まれているのか見当もつきませんでした。

 戦闘兵器メタルスレイダー「グローリー」を中心として繰り広げられる異星人相手のミステリアスな展開と、魅力的なキャラクターが織り成すやり取りからなる良質なストーリーは十分楽しめるものでした。とはいえ3万円の価値があるかと言われると、それは少々苦しいところ。出荷数の少なさとファミコンカセットとしては破格の高品質が、コレクター魂に火を付けてしまった結果の値段だったのでしょう。

 借りたカセットを返却した後、筆者も自分で買うかどうか少々悩みましたが、既にプレイステーションやセガサターンの発売が予告されていた時期でもあり、諦めざるを得ませんでした。その代わり、ファンブックを購入し、「コミックコンプ」で連載されたマンガなどを楽しみました。

 その後『メタルスレイダーグローリー』は、スーパーファミコン用ソフト、ニンテンドウパワー書き換え専用ソフトや、WiiUで遊べるスーパーファミコンソフトとしてディレクターズカット版が発売され、プレイできる機会がはるかに多くなりました。

 2008年にはドラマCD、2015年にはファンブックの復刻と、企画・デザイン・ストーリー・ディレクターを担当した漫画家の☆よしみる氏中心に、『メタルスレイダーグローリー』は動き続けています。

 またいつか、新たな『メタルスレイダーグローリー』を見る日が来るのを楽しみにしていてもいいかもしれません。

参考文献:『メタルスレイダーグローリーファンブック』(JICC出版局)

●メタルスレイダーグローリー ディレクターズカット プレイ映像

(ライター 早川清一朗)

【画像】マンガ、ドラマCDなどに展開する『メタルスレイダーグローリー』

画像ギャラリー

1 2