マグミクス | manga * anime * game

爽快!ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』 ラーメン店を見事に蘇らせていく

2020年4月20日(月)よりスタートした新ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』。コンサルティング会社という少し変わった視点で観るグルメ系ドラマとして話題の本作品は、いろいろな“気づき”を与えてくれそうな作品です。

ラーメンが、ラーメン店が生まれ変わっていく様子に感動…!

『行列の女神~らーめん才遊記~』原作で男性だった芹沢は女性に変更されている (C)テレビ東京
『行列の女神~らーめん才遊記~』原作で男性だった芹沢は女性に変更されている (C)テレビ東京

 2020年4月20日(月)よりスタートした新ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』。小学館のマンガ雑誌「ビッグコミックスペリオール」で2009年から2014年に連載されていた、原作:久部緑郎氏、作画:河合単氏によるグルメマンガ『らーめん才遊記』を原作とした作品です。単行本は全11巻。

 本作品は、ラーメン向けフード・コンサルティング会社「清流企画」とさまざまなラーメン店を中心に繰り広げられる物語。主人公である汐見ゆとり(黒島結菜)は、就職を希望している「清流企画」の面接前に店でラーメンを食べていました。そこは、日本一のラーメン職人でフードコンサルタントの芹沢達美(鈴木京香)が手掛けたラーメンを提供しているお店。

 しかしラーメンを食べた汐見は、「これはラーメンですか?」「イマイチだと思います」とばっさり。芹沢の弟子である夏川彩(高橋メアリージュン)はこれを聞いて憤慨。そして実は、この芹沢こそが「清流企画」の社長であり、夏川はその弟子だったのです。

 そんなこととは知らない汐見は、時間になったため「清流企画」の事務所へ。そこで夏川と再会し、この会社が先ほど食べたラーメン店のコンサル会社であると知ります。しかし知ってなお臆することなく、社長に堂々と「あのラーメンをおいしくすることなら」と言い放ち見事それを実現。しかし――!?

 汐見は、味の感想を「フムフム」「トボトボ」「ワクワク」など独特な言葉で表現します。でも、この抽象的すぎる表現はともかく、イマイチだったラーメンに的確かつ絶妙なアレンジを加えて味をしっかりまとめ上げるなど、料理の腕と舌は本物。

 汐見は面接後、芹沢から入社試験としてあるラーメン店のコンサルティングを命じられます。汐見への対応に疑問を呈する夏川に、芹沢は「あの子にイラッとしてるから」と説明しますが、実は心のどこかに汐見の持つ才能への期待もあったのかもしれませんね。

 また、ラーメンという比較的身近な食を通して、普段あまり表に出ることのない「コンサルティング」という仕事を知ることができるのも本作品の魅力です。芹沢がお店を立て直していく様子を見ていると、味やメニューだけじゃないんだ、コンサルってこういうことなんだ、と改めて気づかされます。

 少し変わった視点から観るグルメ系ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』。これからどんなお店と出会い、どう切り込んでいくのかと期待が高まります。お店が生まれ変わっていく様子を観ることで、実際にお仕事で活かせるワザも盗めるかもしれませんね。

(水音)

【画像】鈴木京香演じる芹沢は、原作ではスキンヘッド!

画像ギャラリー