マグミクス | manga * anime * game

『シン・エヴァ』で伏線は回収された? 25年ごしで庵野監督が見つけた「回答」

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開が始まりました。首都圏が緊急事態宣言下の平日ながら、初日だけで興収8億円突破の大ヒットスタートを切っています。庵野秀明監督が25年ごしにシリーズを完結させた本作は、上映時間2時間35分のなかに見どころがたっぷりと詰め込まれています。前作までの伏線の数々は回収されたのでしょうか?

庵野監督が抱える創作熱と闇の深さ

『シン・エヴァンゲリオン新劇場版』公式サイトより
『シン・エヴァンゲリオン新劇場版』公式サイトより

 25年間ずっと続いていたモヤモヤ感が、すっと晴れ渡っていくように感じました。2021年3月8日より公開が始まった『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(以下、シン・エヴァ)を見終えた、率直な感想です。「終劇」というエンドマークを見届け、とても前向きな気持ちで映画館を出ることができました。首都圏が緊急事態宣言下の平日ながら、初日だけで興収8億円突破の大ヒットスタートを切り、3月15日の発表では初日からの7日間累計で動員数219万4533人、興収33億3842万2400円を記録しています。

 バブル崩壊から間もない1995年~96年、テレビ東京系で放映されたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』 は、衝撃的な作品でした。キャッチーなキャラクター設定およびメカデザイン、伏線を張り巡らせたストーリー展開に魅了される一方、第25話と最終話の放送事故級の斬新すぎるクライマックスは、庵野秀明監督というクリエイターの心の危うい部分に触れてしまったような戸惑いも感じさせました。多くのファンが『エヴァ』をこじらせることになります。

 1996年~97年に公開された旧劇場版でいったん物語は終わりを告げたものの、庵野監督の創作熱とそれに相反する心の闇の深さは、ファンの想像をはるかに越えていました。2007年から『エヴァ』は新劇場版としてリビルドされることに。しかし、『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年)の公開後、庵野監督の心は壊れてしまいます。

 本当に新劇場版は完結するのか。完結しないほうが営業的にはおいしいのでは。そんな声もささやかれました。でも、庵野監督は特撮映画『シン・ゴジラ』(2016年)で復活を遂げ、ファンの期待をいい意味で裏切るかのように、『シン・エヴァ』で鮮やかに物語を完結してみせたのです。納得のいく、2時間35分の上映でした。

 物語前半の見どころ、そしてシリーズ全体を包括したテーマ性について触れたいと思います(以降、謎解きの核心部分には触れていませんが、いっさいのネタバレを避けたい方は観賞後にお読みください)。

かつての14歳は、すでに大人になっていた

“永遠の14歳”碇シンジ(CV:緒方恵美)は、生きる希望を持てずにいました。ニアサードインパクトを起こしたのは自分だと知り、心を許せる親友だった渚カヲル(CV:石田彰)も失ってしまいました。やはり14歳の少女のままのアスカ(CV:宮村優子)に連れられ、とある集落へと向かいます。綾波レイ(CV:林原めぐみ)にそっくりな、アヤナミレイ(仮称)も一緒です。

 ニアサードインパクトによって、世界は崩壊し、集落の人たちは終戦直後さながらの生活水準のなかで慎ましく暮らしていました。シンジたちを迎え入れたのは、小さな診療所で働く男の医者です。14年前、シンジと同じ14歳だった彼は結婚し、赤ちゃんもいます。集落に来てからも心を開こうとしないシンジでしたが、彼は優しく接します。ニアサードインパクト後の世界を生き延びるのはハンパない苦労の連続だったけれど、そんななかで「世界一の嫁さん」と結ばれたそうです。かつて14歳だった彼は、シンジに感謝の言葉を伝えます。

 すべての物事には二面性があります。マイナス面しか見ていないと、いつまでも前に進むことはできません。医者はニアサードインパクトをきっかけに、少年から大人の男へと成長を遂げました。新しい家族と一緒に暮らし、集落の人たちから慕われている生活はとても幸せそうです。物語前半は、シンジと同じ14歳だった少年少女たちの大人になった姿が生活感たっぷりに描き出されます。

【画像】『シン・エヴァ』とも違う結末を迎える『貞本エヴァ』(5枚)

画像ギャラリー

1 2