マグミクス | manga * anime * game

宮崎駿監督幻の米デビュー作『リトル・ニモ』 企画途中で離脱も、数々の出会いと「名作」が生まれ…

宮崎駿監督の数々の提案は、のちのヒット作に結実

1984年に日本で公開された、宮崎駿監督作品『風の谷のナウシカ』 (C)1984 Studio Ghibli・H
1984年に日本で公開された、宮崎駿監督作品『風の谷のナウシカ』 (C)1984 Studio Ghibli・H

 同1982年夏、先述のフランク・トーマスとオーリー・ジョンストンの提案で宮崎駿、高畑勲、大塚康生、近藤喜文、友永和秀ら計12人の日本側スタッフが、アメリカ式のキャラクターアニメーションの講習を受けるために渡米します。

 黄金時代のディズニーアニメを支えたフランク・トーマスとオーリー・ジョンストン自身が講師を務めたその講習は、日本側スタッフに多大な刺激を与えたといいます。キャラクターアニメーションとは、アメリカのアニメによく見られるようなデフォルメを効かせたキャラや動きの表現ですが、むしろクオリティアップのための作画への妥協なきこだわりや、最善の動きと芝居を執拗に探求する姿勢が、スケジュール重視で妥協を強いられることの多かった日本側のスタッフは新鮮に感じたそうです。

 ちょうどこの頃、『NEMO/リトル・ニモ』の噂を聞きつけた数多くの若手アニメーターが、キネト・TMSに売り込みに来ていました。後にピクサーで活躍するアニメーション監督ジョン・ラセター氏は、ここで初めて宮崎駿氏と顔を合わせたそうです。また『アイアン・ジャイアント』などの監督作品で知られるブラッド・バード氏は、自作のフィルムを持ち込み「これからは僕たちの時代だ!」とアピールして、非公式ですがイメージボードを数点描いたと伝えられています。

 宮崎駿氏と高畑勲氏のもとで映画『NEMO/リトル・ニモ』の制作に参加した片渕須直氏はインタビューで、現在アメリカでジョン・ラセター氏やブラッド・バード氏ら作家性の強いアニメーション監督が活躍しているのは、宮崎駿氏や高畑勲氏が作家性を前面に出した『ルパン三世 カリオストロの城』や『じゃりん子チエ』に触れた影響があるのではないか……と語っています。

 ゲイリー・カーツへのシナリオに関する提案は却下されたものの、宮崎駿は日本側のプロデューサーである藤岡豊氏に次々と別の企画を提案します。

「戦国時代に獣に変えられた若者と姫の物語」、アメリカのマンガ『ROWLF』を原作とした「王女と彼女に従う狼の悪魔退治の物語」、その『ROWLF』のイメージから派生した「風使いのヤラ」や 「土鬼の王女」。

 しかし残念ながらこれらの企画やイメージが採用されることはありませんでした。そして宮崎駿氏は、1982年1月より「月刊アニメージュ」の編集者であった鈴木敏夫氏とともにマンガ『風の谷のナウシカ』の連載を始め、同年11月にテレコムを退社することになります。

 宮崎駿氏の離脱後、映画『NEMO/リトル・ニモ』の制作はさらに迷走を重ねます。日本側の演出担当は目まぐるしく入れ替わり、独断専行を続けていたゲイリー・カーツが降板させられた後は、藤岡豊氏がエグゼクティヴ・プロデューサーに就任し、同作の責任を一身に背負うようになりました。

 延べおよそ55億円と言われる予算を投入した『NEMO/リトル・ニモ』は1988年に完成し、1989年に日本で、1992年にはアメリカ本国でも公開されましたが、制作費の回収には至らず、藤岡豊氏はその責任をとって東京ムービー社を退社します。

 こうして宮崎駿氏のアメリカデビュー作となる予定だった映画は、興業的にも評価的にも芳しい成績をあげることなく終わりました。しかし、前述の宮崎駿氏が提案した企画の「風使いのヤラ」と 「土鬼の王女」は『風の谷のナウシカ』のイメージソースとなり、「戦国時代に獣に変えられた若者と姫の物語」は後に絵本の『もののけ姫』となり、引いてはウォルト・ディズニー・スタジオと提携し、アメリカでの本格的なデビュー作となった映画『もののけ姫』へとつながります。重ねていえば宮崎駿氏が映画『千と千尋の神隠し』がアカデミー賞長編アニメーション賞で受賞する際、ジョン・ラセター氏は数々の助言を与えたと伝えられています。

 映画『NEMO/ニモ』での、宮崎駿監督のアメリカデビューは幻に終わりましたが、同作は藤岡豊氏が夢見ていた日本アニメの本格的なアメリカ進出への礎となり、同時に日米アニメ交流の先駆けとなったのです。

(倉田雅弘)

【参考・引用文献】
・『作画汗まみれ 改訂最新版』大塚康生(文春文庫)
・『リトル・ニモの野望』大塚康生(徳間書店)
・β運動の岸辺で[片渕須直](「WEBアニメスタイル」)
・ディズニーと日本のアニメーション──『アニメーションの女王たち』片渕須直インタビュー(「かみのたね」)

【画像】『NEMO/ニモ』製作時に種はまかれていた? 世界が絶賛した宮崎駿監督作品(6枚)

画像ギャラリー

1 2 3