マグミクス | manga * anime * game

「詐欺では?」 パッケージとゲーム内容が違いすぎる「衝撃ファミコンソフト」3選

「ウソでしょ…」 カセットにでかでかと「RPG」と書いているのに?

カセット自体に大きく「RPG」の文字が! 画像は『頭脳戦艦ガル』(デービーソフト)
カセット自体に大きく「RPG」の文字が! 画像は『頭脳戦艦ガル』(デービーソフト)

 最後に触れておきたいのは、デービーソフトがリリースした『頭脳戦艦ガル』です。このゲームが発売されたのは1985年ですが、筆者がこのゲームと初遭遇したのは初代『ドラゴンクエスト』が話題になったあとの1986年のことでした。そのことが、残念な結果を招くことになります。

 またもやファミコンソフトを買ってもらえる機会に、おもちゃ屋で目に留まったのが『頭脳戦艦ガル』のパッケージです。宇宙空間に戦闘機が描かれ、「誰がどう見てもシューティングゲーム」というイラストでしたが、そのパッケージにデカデカと「RPG」という文字がありました。

 さらに「スクロール・ロールプレイングゲーム」とも書かれており、『ドラクエ』をきっかけにRPGというジャンルに魅せられた筆者は、なぜか興味をそそられてしまったのです。

 そして実際遊んでみると、これといったRPG要素は見当たらず、やけに難易度の高い縦スクロールのシューティングゲームでした。しいて言うなら、敵を倒した際に自機がパワーアップするのが唯一のRPG要素と言えなくもありませんが、『ドラクエ』のようなRPGとは完全に別物です。

 世間の評判ほど悪くないゲームだと思いましたが、『頭脳戦艦ガル』はシューティングゲーム以外の何ものでもなく、個人的には、これをRPGと見なすのはムリがありました。

 RPGというジャンルを知る前に『頭脳戦艦ガル』のパッケージを見ていたら、きっと普通のシューティングゲームだと思ったはずです。その場合、パッケージにあった「RPG」の文字に踊らされることもなかったと思うと、複雑な気持ちになります。

 今のようにネットなどで簡単にゲーム情報を得られる時代だったら、パッケージを見てゲーム性を勘違いするような事態にはならなかったはずです。とはいえ、こういう失敗談も、今となっては同世代の間で笑い話として共有できるので、よい経験だったのかもしれません。

(大那イブキ)

【画像】「えっ、詐欺?」 これが「箱絵と内容が全く違う」ファミコンソフトです(6枚)

画像ギャラリー

1 2