マグミクス | manga * anime * game

「詐欺では?」 パッケージとゲーム内容が違いすぎる「衝撃ファミコンソフト」3選

思わぬタイミングでファミコンソフトを買ってもらえるチャンスが舞い込んだとき、パッケージだけを見て選んだ経験はないでしょうか。しかし、なかにはパッケージに描かれたイラストとゲーム内容が一致しないケースも少なからずありました。

絵を見て想像したゲーム内容とまったく違う…?

ファミコンソフト『スターソルジャー』(ハドソン)のパッケージ。描かれているイケメン青年は、ゲームの最初から最後まで一度も出てこない
ファミコンソフト『スターソルジャー』(ハドソン)のパッケージ。描かれているイケメン青年は、ゲームの最初から最後まで一度も出てこない

 ファミコン全盛期の頃は、新しいゲームの情報を得る手段はゲーム誌などに限られていました。そのため唐突にゲームソフトを買ってもらえるチャンスが訪れたときには、パッケージに描かれたわずかな情報を頼りに選んだものです。

 今でいう「ジャケ買い」をしていたわけですが、パッケージイラストから連想したのと、まったく違うゲームを引き当ててしまった経験がある人は案外多いのではないでしょうか。

 そこで今回は、パッケージに描かれたイラストやキャッチコピーと、ゲームの内容が違いすぎて衝撃を受けたファミコンソフトを振り返ります。

 まず思い浮かぶのは、ハドソンが1985年に発売した『バンゲリング ベイ』です。そのパッケージには、骸骨のような不気味な顔が大きく描かれていました。

 そこから連想したのは、おどろおどろしい雰囲気が漂うアクションゲームでしたが、実際に『バンゲリング ベイ』を遊んでみたら、近代兵器である攻撃ヘリを操作するシューティング要素の強いゲームでした。

 改めてパッケージをよく見ると、たしかに太陽をバックに小さくヘリコプターが描かれています。ですが、これを見て『バンゲリング ベイ』のゲーム性を予測するのは正直難しすぎました。

 ついでに当時小学生だった筆者には、ヘリの操作もゲーム内容も難解で、最初は投げ出しそうになったゲームです。

 続いては1986年にハドソンが発売した『スターソルジャー』です。たまたま同作の発売日直後にファミコンソフトを買ってもらう機会があり、おもちゃ屋で見たパッケージイラストに一目惚れしたのが、このゲームでした。

 パッケージに大きく描かれていたのは、SFアニメの主人公のようなイケメンで、彼の背後には鋼鉄の要塞のような建造物がありました。

 そこに『スターソルジャー』というタイトルも加味すると、今度こそイケメン主人公が要塞内を駆け巡る、SFアクションを想像しました。ですが実際にプレイしてみると、イケメン主人公の要素は欠片もなく、ゴリゴリのシューティングゲームだったのです。

 しかもパッケージに描かれたSFアニメ風のイケメンは最後まで姿を現すことはなく、結局彼は自機のパイロットだったのかどうかも分からずじまいでした。

 シューティングゲームとしての『スターソルジャー』自体はものすごく気に入ったのですが、パッケージから想像したのと大きく違うゲーム内容に衝撃を受けたことが忘れられません。

【画像】「えっ、詐欺?」 これが「箱絵と内容が全く違う」ファミコンソフトです(6枚)

画像ギャラリー

1 2