マグミクス | manga * anime * game

悪役から味方になったジャンプキャラたち 「人柄のよさ」が見出された人物も?

ジャンプ三大テーマ「友情」が、以前戦っていた敵を味方に変えることもありました。しかし、そのなかには悪役時代の技を使わなくなったり、新たな一面を見せたりと、イメージチェンジしたキャラもいたのです。

性格を見出されて仲間になった悪役もいた

(画像:写真AC)
(画像:写真AC)

「週刊少年ジャンプ」といえば、「友情・努力・勝利」の3つのキーワードが有名です。このうちの「友情」で盛り上がるパターンのひとつが、以前、戦った敵が仲間になること。「ジャンプ」マンガの王道パターンといえるでしょう。

「ジャンプ」の人気バトルマンガのほとんどが、前シリーズの強敵が仲間になるというパターンを採用しています。もちろん、敵のすべてがというわけではありませんが、あれほど強かった敵が頼もしい味方になるというパターンは、やはり物語を進行させるのに重要なファクターなのかもしれません。しかし、なかには「まさかアイツが?」……というキャラクターもいました。

 有名な例としては『ドラゴンボール』のベジータでしょうか。あれだけ悪いことをしたのに、最終的には家庭を持って味方側キャラナンバー2ともいえる存在になりました。しかし、そこに至るまで紆余曲折あり、作品内での行動に無理のない形で仲間になったと思います。

 そんな敵から仲間になるのに色々あったキャラたちで、筆者が印象的だった3人にスポットを当ててみましょう。

 まずは、「ジャンプ」で友情といえば最初に思いつく作品『キン肉マン』から、7人の悪魔超人のひとり「バッファローマン」です。

 当初は怪獣と戦っていた『キン肉マン』は、超人オリンピック編以降は超人たちがマット上で戦うというスポーツ的な方向にシフトしていきました。そこへ新たに登場した悪魔超人という勢力は、スポーツものとは少し違うデスゲーム要素に近い雰囲気を与えます。

 それまでも戦って死んだことはいくつかありましたが、ギャグ的要素が強く、どこかクスッとさせる雰囲気も時にはありました。しかし、悪魔超人は登場からマスコット的存在だったミートをバラバラにして人質に取り、対戦したアイドル超人たちを惨殺するという暴挙に出ます。前シリーズでキン肉マンのライバル的存在として登場したウルフマンが、見せ場もないままバラバラにされたシーンはトラウマになるような衝撃でした。

 そんな完全な悪役、悪魔超人のリーダーであるバッファローマンは、当時キン肉マンに次ぐ実力者だったウォーズマンを圧倒、その10倍のパワーを誇る「超人強度1000万パワー」であることを明かします。

 こういった絶望的ともいえるバッファローマンの実力を次々と読者に見せながら、キン肉マンとの最終決戦が始まりました。必殺技のキン肉バスターを破るなど、数々の能力を使ってキン肉マンを苦しめますが、最終的にバッファローマンは敗北し、サタンの制裁によって命を絶たれます。

 しかし、次のシリーズで復活したバッファローマンは正義超人の仲間入りを果たし、以降は頼もしい味方として活躍することになりました。

 実はこのバッファローマンは当初、悪魔超人のまま退場する予定でしたが、担当編集者が言った「バッファローマンはいいヤツだと思う」という言葉から、ゆでたまご先生が悩んだ末に改心させたという逸話があります。結果的にこの悪役を改心させるというパターンの確立により、アシュラマン、ネプチューンマンなどの悪役も仲間になる展開に流れをつなぎ、本作の展開を盛り上げる一因となりました。

 確かに正義超人になってからのバッファローマンを見ていくと、人の良さがにじみ出る行動が多いと思います。それもまたバッファローマンの魅力なのでしょう。

1 2