マグミクス | manga * anime * game

『鬼滅の刃』遊郭に潜入したのが「女性隊士」だったら?「柱」がいても苦戦した可能性

妓夫太郎との戦いで犠牲者が出た可能性も

先行して遊郭に調査に入った宇髄天元の妻たちが消息を絶ったことも、天元が潜入を急いだ原因のひとつと考えられる。画像はアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』で描かれる、天元の妻・雛鶴 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
先行して遊郭に調査に入った宇髄天元の妻たちが消息を絶ったことも、天元が潜入を急いだ原因のひとつと考えられる。画像はアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』で描かれる、天元の妻・雛鶴 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 しかし、堕姫と融合している兄・妓夫太郎(ぎゅうたろう)は、そう簡単に倒せないでしょう。妓夫太郎は、22人(うち7人は堕姫が主体)もの柱を殺して喰らった実力者。天元も1対1では対抗できずに毒を受け、一度は倒されたくらいです。

 遭遇したのがしのぶなら、妓夫太郎を毒で弱体化させられるでしょうが、頸は斬れないと思われます。蜜璃なら、腕力で頸は斬れると思われますが、頭がいい妓夫太郎に翻弄され、毒を受けて倒された可能性が否定できません。

 カナヲは目がいいので、妓夫太郎の攻撃をある程度は防げるでしょうが、毒への耐性はないですし「円斬旋回・飛び血鎌」のような範囲攻撃には対応できなかったでしょう。

 誰であっても「堕姫と妓夫太郎の両方の頸を斬らないと倒せない」ので、ひとりでは対抗できません。堕姫と妓夫太郎の双方から攻撃を受けたら、防げずに致命傷を負っていた可能性もあります。

 何とか防ぎつつ、仲間と合流できたなら、複数の柱が妓夫太郎兄妹と戦えるので、戦闘を有利に進められるでしょう。それでも、毒を受けたり、範囲攻撃を受けたりして犠牲者が出た可能性は否定できません。特に、竈門禰豆子がいないので、血鬼術で毒を燃やせないことで、形勢がかなり不利になってしまう可能性も考えられます。

 最終的には、柱クラスの実力者4人(天元を含む)がいる鬼殺隊が勝利したと想像できますが、戦いの途中で犠牲者が出た可能性も高く、結果論ですが「炭治郎たちを連れて行って正解」と考えられます。

 ちなみに、鬼殺隊の主君である産屋敷輝哉は「少し先の未来を見通す」力があるようです。だからこそ、「遊郭編」で炭治郎たちを連れ出した天元を止めなかったのかもしれません。

※禰豆子の「禰」は「ネ」+「爾」が正しい表記

(安藤昌季)

【画像】「遊郭編」のifを考える…潜入したかもしれない女性隊士たち(2枚)

画像ギャラリー

1 2