マグミクス | manga * anime * game

本編よりハマった? 懐かしの名作ミニゲーム3選

敵の施設で滑りまくり 『ファイナルファンタジーVII』

ゴールドソーサーといえば、デートイベントを思い出す人も多いはず。画像は『ファイナルファンタジーVII』(スクウェア・エニックス)
ゴールドソーサーといえば、デートイベントを思い出す人も多いはず。画像は『ファイナルファンタジーVII』(スクウェア・エニックス)

『ファイナルファンタジーVII』のミニゲームといえばゴールドソーサーです。ゴールドソーサーには、8つのエリアが存在し、チョコボレースができるチョコボエリアや、デートイベントが発生するラウンドスクウェアなど、日々の激しい戦闘とは違った娯楽施設がたくさんあります。

 そのエリアのひとつ、ワンダースクウェアは9種類のミニゲームが遊べ、なかでもスノーボードは出色の出来でした。世界を救う使命を忘れて遊んでしまった人も多いのではないでしょうか。障害物にぶつからず、うまく風船をとって、さらにコーナーではエッジを立てて、何度も何度もトライして最高のライン取りを狙うクラウドたち。

 スコアアタックモードで高得点を出すと、「ぜんたいかマテリア」や「クリスタルバングル」といったレアな装備がもらえますが、賞品を手に入れた後もハイスコアアタックやタイムアタックに夢中になった人も多かったのではないでしょうか。

 しかし、ゴールドソーサーはストーリー上では敵の組織である新羅カンパニーの施設。自分の使命をほっぽり出して敵が作った娯楽施設で遊びふけるクラウドたち……ちょっと心配になりますね。

●釣りゲームがまるまる1本入っている!? 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』

「ゼルダの伝説」シリーズといえば、「釣り」要素が定番ですが、なかでも『ゼルダの伝説 時のオカリナ』は釣りゲームがまるまる1本入っている、と言われるほど出来が良いことで有名です。

 ハイリア湖畔のつりぼりは1回20ルピーで時間無制限釣り放題です。魚を狙って竿を振るとルアーがギューンと飛んでいき、カメラがそれを追っていきます。当時は3Dのゲームがやっとお茶の間にも普及し始めた時代、おまけのミニゲームとは思えないダイナミックなカメラに驚かされました。着水したルアーを操作して魚の気をひいたり、食いついた魚を逃さないように竿を操作したりと、本格的な釣りが楽しめます。

 たくさん釣った魚のうち、1番大きな魚を店主に見せるとルピーや貴重なアイテムがもらえるのですが、一定以上の大きな魚を釣り上げると、池の底にいる魚を釣れる「しずむルアー」が手に入ります。池の底には珍しい「ハイラルどじょう」がいて、これを釣りあげようと何度も何度もチャレンジしていました。ちなみに、大人リンクの時代では、カウンターの主人の帽子を釣る、なんて裏技もありましたね。

 本編そっちのけで遊んでしまうミニゲームを紹介しました。なんなら、ミニゲームだけでもまた遊んでみたい、なんて思ってしまう人もいるのではないでしょうか。懐かしのタイトルはなかなかプレイする機会がないかもしれませんが、『ファイナルファンタジーVII』に関しては現代の技術で復活させる『ファイナルファンタジー VII リメイク』プロジェクトが進行中です。ミニゲームのスノーボードがどんな風になるのか楽しみですね。

(田下広夢)

【画像】ミニゲームもパワーアップ? リメイクされた名作ゲーム(4枚)

画像ギャラリー

1 2