マグミクス | manga * anime * game

『魔法の天使クリィミーマミ』タイムリミット迫る…スリリングな最終回 「声優と歌」時代の幕開け

1984年6月29日は『魔法の天使クリィミーマミ』の最終回「ファイナル・ステージ」が放送された日です。主人公・森沢優は1年の期限付きで魔法の力を授かり大人気アイドル・クリィミーマミとして活躍していましたが魔法の力を返還する日が目前に迫っていました。優はデビュー1周年記念コンサートをラストステージと決め、ついにその日を迎えますが……。

クリィミーマミ・ラストステージ

『魔法の天使クリィミーマミ』 (C)ぴえろ
『魔法の天使クリィミーマミ』 (C)ぴえろ

 1984年6月29日は『魔法の天使クリィミーマミ』の最終回「ファイナル・ステージ」が放送された日です。『クリィミーマミ』主人公の森沢優(もりさわ・ゆう)は夢の世界フェザースターの住人・ピノピノから1年の期限付きで魔法のステッキを授かり、魔法の力で大人気アイドル・クリィミーマミに変身する女の子です。

 昼間は小学生、放課後はアイドルの二重生活に奔走する忙しい毎日を送りながらも、マミのファンになってしまった幼なじみの大伴俊夫(おおとも・としお)との関係に悩む年頃の少女でもありました。

 1年近くの間、優はアイドルとしての活動を全力で駆け抜けてきましたが、魔法の力を返さなければいけない時は、もう間近に迫っていました。マミの最後を飾る展開は50話「マミがいなくなる…」から最終話までの3話を使って脚本家の伊藤和典氏が丁寧に描いており、80年代中盤の少女向けアニメとしては極めてクオリティの高いストーリーとなっています。

 魔法返却のタイムリミットが迫り、マミはデビュー1周年記念コンサートの開催日を1日繰り上げるよう頼み込みます。もはやマミには一刻の猶予も残されてはいなかったのです。紆余曲折の末どうにか日程はマミの希望通りになりますが、もうひとつ大きな問題が残されていました。俊夫がマミの正体は優だと気付きかけていたのです。

 かつて優はマミに変身する瞬間を俊夫に見られてしまい、魔法の力を失ったことがありました。ピノピノから事情を聴かされた俊夫は優が再びマミ変身できるよう、記憶の封印を受け入れましたが、ある出来事から記憶は蘇りつつあったのです。俊夫の記憶が戻れば魔法の力は期限よりも早く失われてしまう不安にさいなまれながらも、優はマミとしての最後のステージを成功させようと、全力で日々を過ごしていきました。

 そうして迎えた1周年記念コンサート。当日の天候はあいにくの雨模様となりましたが、コンサート会場には野外であるにも関わらず大勢のファンとマスコミが詰めかけ、マミの登場をひたすらに待ち続けていたのです。

【画像】かわいすぎ!マミと優のイラストを見る(7枚)

画像ギャラリー

1 2