マグミクス | manga * anime * game

「頭おかしくなる」「教育上良くない」 PTAにロックオンされた苦情アニメ

クレーム殺到でスポンサー降板やPTAの抗議活動も起きた? 今回は子供たちからの人気とは裏腹に、保護者からは嫌われたアニメ3作品を振り返ります。

ハレンチすぎて一種の社会問題に!?

『想い出のアニメライブラリー 第6集まいっちんぐマチコ先生 DVD-BOX PART1 デジタルリマスター版』DVD(TCエンタテインメント)
『想い出のアニメライブラリー 第6集まいっちんぐマチコ先生 DVD-BOX PART1 デジタルリマスター版』DVD(TCエンタテインメント)

「見ていると頭がおかしくなる」「土足で家に上がるのは汚い」……。これらはすべてアニメに寄せられたPTAからのクレームです。クレーム内容に納得できるものもあれば、「それはちょっと目くじら立てすぎじゃない?」と疑問に思うような理由もありました。

 たとえば2003年から2005年まで放送されたアニメ『ボボボーボ・ボーボボ』も、PTAにロックオンされた作品のひとつです。物語の大筋は主人公のボボボーボ・ボーボボと、その仲間たちがマルハーゲ帝国を打倒するべく旅を続ける……という内容でした。しかし、同作の見どころは大筋の物語よりも、作中で絶え間なく展開されるギャグの嵐にあります。

 不条理ギャグも多く、「週刊少年ジャンプ」作品や、時事ネタのパロディも詰め込まれており、分かる人にはとことん刺さる作品である反面、ギャグがハマらない人、元ネタを知らない人にとっては何をしているのか理解できない描写も少なくなかったでしょう。

 そんな意味不明でハチャメチャな作風は多くの子供たちを虜にしましたが、その裏では保護者からのクレームも後を絶ちませんでした。さらに、2003年12月9日に開催された「瀬戸内海放送番組審議会」で議題にされ、「どこが面白いのか全く理解できない」「こんな番組が子供たちに対してどんな影響を与えるのか心配だ」「これほど理解不能な番組は初めてだ」などと散々なコメントを浴びせられたこともありましたが、ネット上ではこの時の審議会の反応に対し、「1周回って全て褒め言葉」「『ボーボボ』をガッツリ審議したのか、もうファンだろ」「大人でも理解できないものに、子供が悪影響受けるわけない」と逆にツッコミが入っています。

 ちなみに日本PTA全国協議会が行った「テレビ番組に関する小中学生と親の意識調査」の「子どもに見せたくない番組」というコーナーでは、2004年と2005年のワースト上位に、『ボボボーボ・ボーボボ』がランクインするほどの嫌われぶりでした。

 はじめは全国ネットのゴールデンタイム(土曜19:28)に放送されたものの、クレームの影響もあってのことなのか半年ほどでローカル時間帯(土曜10:45)へと移動します。放送局も2005年4月からはテレビ朝日のみとなり、最終的にはすべてのスポンサーが降板するピンチに陥ってしまいました。それでも最終回までの半年間、ノンスポンサーの状態で放送を続けたというから驚きです。

 1969年に原作の連載が始まり、テレビ朝日版のアニメも40年以上の長い歴史を持つ『ドラえもん』にも、大人からクレームが寄せられる事案が発生しました。その原因となったのが、ドラえもんの「足」です。

 ロボットのドラえもんは人間たちとは違い、靴を履いていません。一見すると当然のようにも思えますが、同作がアニメ化されて間もない頃は、保護者から「子供が真似する」「マナーが悪い」「教育上良くない」などの苦情が殺到したそうです。

 そこで誕生したのが、ドラえもんは反重力装置で常に3mm浮いているという設定でした。地面に触れていないのであれば、靴を履く必要はありません。「さすがは藤子・F・不二雄先生。すばらしい切り返しだ!」と思うかもしれませんが、実はこのアイデアを考えたのは原作者の藤子先生ではなく、チーフアシスタントを務めていた方倉陽二先生が描いた『ドラえもん百科』から広まった説だそうで、のちに藤子先生がこの事実を知って仰天したといわれています。

 そして、PTAに最も敵視されたアニメといわれているのが、1981年から1983年まで放送されていた『まいっちんぐマチコ先生』です。いわゆるお色気ギャグ作品となっており、スカートめくりやパンチラといった際どい描写が見どころのひとつとなっていました。

 加えてTVアニメ版のオープニング映像には、主人公・麻衣マチコのバストが露わになるシーンが存在します。さらには放送時間帯が毎週木曜日の19時30分からのゴールデンタイムだったため、多くの保護者から反感を買うことになりました。各校のPTAでも問題視されるようになり、1982年には京都で「マチコ先生に抗議する会」が結成されました。関西地区での放送区域が縮小する事態にもなりましたが、それだけ強烈な影響を与えた作品として今も語り継がれています。

(ハララ書房)

【画像】森下悠里も!? 豪華グラドルが演じてきた多数の実写版『まいっちんぐマチ子先生』を見る(5枚)

画像ギャラリー