マグミクス | manga * anime * game

ドラマ『ウォッチメン』が日本上陸。「リアル社会派アメコミ」の面白さはどこにある?

アメリカの放送局「HBO」で制作されたアメコミ原作ドラマ『ウォッチメン』が日本に上陸し、2020年1月31日から配信されます。アメリカでは2019年10月から放送開始し、初回のリアルタイム視聴が80万人を超えるなど話題になっています。同作品には、アメコミ原作の映像作品としては独特の魅力が散りばめられているのです。

現実世界に溶け込むヒーローたちを描く

ドラマ『ウォッチメン』キービジュアル
ドラマ『ウォッチメン』キービジュアル

 2019年10月にアメリカで放送開始したアメコミ原作ドラマ『ウォッチメン』は、初回にリアルタイム視聴が80万人を超え、ストリーミング配信を加えると150万人が視聴し注目を集めました。その『ウオッチメン』が日本で2020年1月31日(金)から「BS10スターチャンネル」で独占配信されます。

 バットマンシリーズで知られるDCコミックス原作の『ウォッチメン』は、1986年から1987年にかけて制作されたアメリカンコミックです。アメコミで最も権威のある漫画賞「アイズナー賞」を受賞し、2009年にはザック・スナイダー監督によって映画化もされています。『ウォッチメン』は現実の世界にリアルに溶け込むヒーローたちを描き、シリアスで社会派ともいえる作品として、他のアメコミ作品とは一線を画しています。

『ウォッチメン』の世界では米ソ冷戦の時代にヒーローが生まれており、実際にあった事件と寓話が絡み合いながら、社会風刺的な展開が進んでいきます。映画版は「米ソ冷戦」のワードで切り取り、「平和とは何か」を描いた作品であったのに対し、ドラマ版では「差別」をキーワードにストーリーが紡がれていきます。ドラマ版はヒーローたち「ウォッチメン」が活躍した“後”の世界を中心に描き、映画版よりも原作コミックに近い内容になっているといいます。

 ドラマ版の設定は、原作から34年を経た時代。第1話の内容は「白人至上主義」に傾倒する集団が、かつて活躍したヒーロー「ロールシャッハ」の威光を悪用し、弱者への暴力を正当化しているというもの。

 一見小難しい印象になるのも『ウォッチメン』の特徴で、世界観を丁寧になぞったり、実際の事件などの知識を持っていると、さらに面白く楽しめるというのもポイントです。俳優のロバート・レッドフォードがアメリカ大統領を30年ほど務めているという設定や、ベトナムが米国51番目の州となるなど、パラレルワールドともいうべきドラマ内の世界観は、リアルながらも独自の世界を堪能できます。

【画像】ドラマ『ウォッチメン』 独特すぎる世界に多彩なキャラクター

画像ギャラリー

1 2