マグミクス | manga * anime * game

マンガ・アニメで憎めない“悪女” 実際にいたら困るけど…

美しい容姿とは裏腹に、巧みな悪事で主人公たちを苦しめる悪女キャラ。実際にいたら困るものの、物語のなかで悪を貫き通す姿はいっそ清々しく感じることも。ネット上では「なんだかんだ憎めない悪女キャラ」をお題に、古い作品から最新のマンガまでさまざまなキャラクターが挙げられていました。

物語を面白くするのに必要な“悪女”

『LUPIN the Third 峰不二子という女』BD-BOX(バップ)
『LUPIN the Third 峰不二子という女』BD-BOX(バップ)

 アニメやマンガに出てくる女性キャラはかわいく描かれることも多いですが、時には主人公を困らせる“悪女”になって活躍することも。ネット上では「好きな悪女」についてさまざまなキャラが挙がっています。

※この記事では、『チェンソーマン』のネタバレに関わる記載があります。

 まずかわいらしい悪女として人気を集めていたのが「ルパン三世」シリーズに出てくる峰不二子でした。不二子といえば抜群のプロポーションと天才的頭脳を併せ持つ女性。彼女の行動理念は欲望に忠実で、ルパンたちが必死にGETしたお宝を横取りしようとする悪い一面もあります。

 しかしファンからは「自分のために動くしたたかさがかっこいい!」「男たちに負けない強さを持っていて惚れる」と絶賛する声が尽きません。

 また不二子に負けず劣らず人気だったのが、国民的アニメ『ヤッターマン』に登場するドロンジョ様。ドロンボー一味をたばねる絶世の美女で、作中ではさまざまな悪だくみを働きます。そんな悪役のドロンジョ様ですが、公式のキャラ説明によれば“ドクロリングを手に入れて叶えたい願いは永遠の美しさ”という人間らしい部分も。「やってることは駄目だけどアンチエイジングに励むドロンジョ様には共感する!」と、彼女の目的に好感を持つ人が多く見られました。

 最近の作品でも、『チェンソーマン』のマキマは特に人気な悪女のひとり。マキマは主人公・デンジの上司でありながら、ラスボスのようなポジションで彼に立ちはだかったキャラです。作中では仲間すら平気で殺してしまう残酷さも見せましたが、第2回人気投票で2位にランクイン。ミステリアスなお姉さんっぷりに魅了される読者が絶えず、主催側から「壮絶な結末に堕ちてなお、読者への支配力は揺るがない! みんなも心底好きなんだね!!」と驚きのコメントが寄せられることに。

「なんだかんだ憎めない」という声が多い人気の悪女キャラたち。簡単にはほだされずに悪を貫く姿はかっこよく映るのかもしれませんね。

(マグミクス編集部)

【画像】つい好きになってしまう悪女たち!

画像ギャラリー