マグミクス | manga * anime * game

ネット上で注目を集めた「作画崩壊」。批判殺到と思いきや、1周回って笑顔に…?

アニメを見ていて、キャラクターや背景の作画が崩壊する場面に出くわした経験はありませんか? 普通ならクオリティーの低さにがっかりするところですが、中には「1周回って面白い!」と話題になる作品も。今回は、ファンに長年愛されている人気アニメの作画崩壊シーンを紹介します。

予想を超える絵面が生まれることも

「夜明け前より瑠璃色な Crescent Love VOL.1」DVD(バンダイビジュアル)
「夜明け前より瑠璃色な Crescent Love VOL.1」DVD(バンダイビジュアル)

 緻密な作画のアニメが評価される一方で、面白い作画崩壊で話題になるアニメも存在します。

※この記事では、物語の核心に関わる記載があります。

 まず伝説級の作画崩壊として名高いのが、『夜明け前より瑠璃色な』第3話「お姫様 料理対決!!」に出てくる料理シーン。作画崩壊というと真っ先に思い浮かぶのはキャラクターの造形やバランスなどでしょうが、同作で話題となったのはキャベツの絵です。

 というのも、ヒロインが切っていたキャベツには本来存在する筋や皺(しわ)などがほぼ入っておらず、言ってしまえば黄緑の球体。視聴者からは「もうここまで来ると逆に作画を手伝ってあげたくなる」「キャベツのせいで古いアニメなのにちゃんと覚えてるから、名前を残すという意味では成功」などの声があがっています。

 一方、人物の作画崩壊で注目されやすいのは顎(あご)の作画。女性向け作品では顎のシュッとしたイケメンが多いものの、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』では細すぎる顎の描写が話題に。なかでも第200話に登場する海馬瀬人はかなり鋭利な顎に仕上がっており、「カードじゃなくて顎で戦えそう」「疲れた時に海馬のAGOを見ると元気になれる」と、ファンの間で話題になっています。

 さらに、国民的アニメ「ルパン三世」シリーズにおいても、話題となっているシーンが。ルパンたちが水に流されるシーンでの石川五ェ門です。五ェ門といえば普段はキリッと渋い顔のハンサムですが、件のシーンでは目を丸くして唇を突き出したひょっとこ顔に。いつもの姿とはかけ離れた表情に、「何度見てもギャップに笑ってしまう」「マスコットみたいでかわいい」など好評の声が尽きません。

 今回紹介した作画崩壊は、おそらくさまざまな事情で予想を超えた絵面となってしまったものですが、批判が集まるどころか一周回ってファンを喜ばせた名シーンとして記憶されているようです。

(マグミクス編集部)

【画像】いろんな作画を楽しみたい! 名作アニメの画集・設定集

画像ギャラリー