マグミクス | manga * anime * game

子供心にも響いたファミコンの名フレーズ5選 トラウマゼリフ、お色気要素も…

王様のトボけたお叱り、エグい恫喝、制作者からのアオり、アクティブすぎる主人公など、1980年代のファミコンソフトは今も忘れられない数々の名フレーズを生み出しました。『ドラゴンクエスト』に『ゼルダの伝説』、そして『たけしの挑戦状』まで、プレイヤーに大きな衝撃を与えた5つのフレーズを紹介します。

死んでも「なにごとだ!」で済む衝撃!

一度見たら誰もが忘れられない初代『ドラクエ』敗北時の名フレーズ
一度見たら誰もが忘れられない初代『ドラクエ』敗北時の名フレーズ

 1983年から1994年にかけて、ライセンス作品1053タイトルがリリースされたファミコン。その黎明期といえる80年台にリリースされたゲームは、トガったゲームや粗削りなゲーム、優れたセンスを感じさせるゲームなど、まさに玉石混交のおもちゃ箱という状態でした。そんな時代だったからこそ生まれた、衝撃的なフレーズを5つ紹介します。

●ドラゴンクエスト

 トップバッターはおなじみの国民的ソフト『ドラゴンクエスト』。敵に負けてラダトームのお城に強制送還された際に王様が言うセリフ「おお ●●(主人公の名前)! しんでしまうとは なにごとだ!」は今も強烈な印象を放ちます。

 いわゆる「メタ的」な発言でもありますが、そうであるにも関わらず「ゲームの世界観や雰囲気がぶち壊し」という声がほとんど見られなかったのは、全テキストを執筆した堀井雄二さんの文章センスや、鳥山明さんによる温かみのあるタッチのパッケージイラストやモンスターデザインあってのことでしょう。

 2016年にはシリーズ30周年を記念した書籍『ドラゴンクエスト名言集 しんでしまうとは なにごとだ!』が発売されており、書名を飾っているところにもその衝撃ぶりがうかがえます。

●弁償という概念を叩き込まれた『ゼルダの伝説』

 任天堂がファミコン ディスクシステムでリリースした本作は、「ゼルダ」シリーズの記念すべき1作目にして、すでに広大なマップを探索する楽しみが用意されていました。怪しい岩壁にはバクダンを置き、怪しい木にはロウソクで火をつける。正解のチャイム音とともに隠し洞くつに入る階段が現れたときの喜びは格別でした。

 しかし、いざ洞くつに入ってみると住人のおじいさんはカンカンで「ドアノ シュウリダイヲ モラウゾ」の言葉とともにルピー(お金)を強制徴収! 申し訳なく思うと同時にガッカリしたものです。初代『ゼルダ』は敵のはずのモリブリンが無条件でルピーをくれる「ミンナニ ナイショダヨ」が有名ですが、筆者にはこちらの方がショッキングでした。

 また、クリア後にプレイできるもうひとつの冒険(通称裏ゼルダ)では、「オカネカ イノチヲ オイテユケ」という、それ以上に極悪非道なおじいさんが登場しました。「イノチ」を選んでもゲームオーバーにはなりませんが、クリアまでに限られた数しか入手できないライフの最大値が上昇する「命の器」を差し出すことになるので、むしろゲームオーバーにされる方がマシなレベルでした。トホホ……。

衝撃的フレーズを放ったファミコンゲームを振り返る(5枚)

画像ギャラリー

1 2