マグミクス | manga * anime * game

「ブーム」が生まれた伝説のシーズン! 2013年1月スタートアニメ3選

今から10年前の2013年1月には若い方の登山ブームに火を付けた作品や、人気アイドル作品の初代タイトル、京都アニメーションのオリジナル作品第2弾などがアニメ化されました。まさにアニメが日本の中心文化として華を咲かせたことを示すかのような、さまざまなジャンルで今につながる重要な作品が目白押しとなっています。

女子高生アウトドア作品ブームに火を付けた

 今から10年前の2013年1月放送開始、ちょうど今期で10周年を迎えるアニメ3作品を紹介します。このシーズンには、若い方の登山ブームに火を付けた作品や、あの人気アイドル作品の初代タイトル、京都アニメーションのオリジナル作品第2弾などがアニメ化されました。まさにアニメが日本の中心文化として華を咲かせたことを示すかのような、さまざまなジャンルで今につながる重要な作品が目白押しとなっています。

●『ヤマノススメ(第1期)』

『ヤマノススメ』画像はBlu-ray (C)しろ/アース・スター エンターテイメント
『ヤマノススメ』画像はBlu-ray (C)しろ/アース・スター エンターテイメント

『ヤマノススメ』は「コミック アース・スター」で、しろ先生が2022年現在も連載中の女子高生による登山をテーマとした原作をアニメ化した作品です。全12話。

 主人公の雪村あおいは幼い頃にジャングルジムから落ちたトラウマから、高所恐怖症になってしまった高校生。人付き合いも苦手で、趣味と言えば料理や手芸といったインドアな物ばかり。

 しかしある日、幼なじみでもある同級生の倉上ひなたから「一緒に山に登ろう」と強引に誘われて断り切れず、高くない山なら登ってもいいと承諾させられてしまいます。実はあおいとひなたは幼い頃一緒に山に登っており、あおいはそのとき一緒に見た山頂の朝日を忘れられずにいたのです。

 再び一緒に朝日を見るため登山に挑戦することになったあおいは、近所の小さな山に登ったり、登山道具で料理対決をしたりするうちに斎藤楓や青羽ここなたち仲間も増えていきます。そして、あおいは登山の楽しさに目覚めていくのです。果たしてあおいが再び子供の頃見た風景にたどり着くことはできるのでしょうか?

 アニメ『ヤマノススメ』は放送開始と共に大人気作品となりシリーズ化され、2014年には2期、2018年には3期、そして2022年10月からは第4期が放送されました。女子高生アウトドア作品のはしりと言えるタイトルであり、その後の数多くの作品に与えた影響の大きさは計り知れないものがあります。

●『たまこまーけっと』

『たまこまーけっと』画像はBlu-ray1(ポニーキャニオン) (C)京都アニメーション/うさぎ山商店街
『たまこまーけっと』画像はBlu-ray1(ポニーキャニオン) (C)京都アニメーション/うさぎ山商店街

『たまこまーけっと』はそれまで原作付きアニメを主に手掛けていた京都アニメーションが、『MUNTOシリーズ』に続いて送り出したオリジナルアニメです。全12話。監督に山田尚子氏、脚本を吉田玲子氏、キャラクターデザインは堀口悠紀子氏と2009年の大ヒット作『けいおん!』のメインスタッフが多く名を連ねています。

 主人公の北白川たまこは、うさぎ山商店街にある餅屋「たまや」の娘で高校1年生。年末を迎え商店街が忙しさを増す2学期の終業式の日、たまこは商店街の花屋でなぜか人の言葉を話す不思議な鳥デラ・モチマッヅィと出会います。

 たまこに求愛されたと言って北白川家に住み着いたデラと、バレンタインやお祭りなどのイベントの際には率先してうさぎ山商店街を持ち上げようとするたまこ。そんなたまこの周囲を取り巻く親友の常盤みどりやクラスメイトの朝霧史織、たまこに恋する大路もち蔵、そして商店街の面々が織り成す、時にほっこり時にドタバタなストーリーは、アニメーションのクオリティの高さと相まって安心して見ることができる秀作として人気を博しました。

【画像】OP詐欺も!? 2013年の冬アニメをもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

1 2