マグミクス | manga * anime * game

【シャーマンキング30周年への情熱(2)】多様なシリーズ作を整理して見えてくる、壮大な物語

2020年4月17日発売の「少年マガジンエッジ」より、『SHAMAN KING マルコス』の連載が始まりました。20年の歴史を持つ「シャーマンキング」には数多くのタイトルがありますが、これから作品に触れる方に向けて情報の整理をしつつ、それらがどういう思惑で生み出されているのかについても考察していきます。

多くのタイトルを持つ「シャーマンキング」ワールド

武井宏之氏による最新作『SHAMAN KING THE SUPER STAR』(講談社)。「少年マガジンエッジ」で連載中
武井宏之氏による最新作『SHAMAN KING THE SUPER STAR』(講談社)。「少年マガジンエッジ」で連載中

 2020年4月17日(金)発売の「少年マガジンエッジ」5月号より、『SHAMAN KING マルコス』の連載が始まり、世界観を支える作品がまたひとつ増える形となりました。20年の歴史を持つ「シャーマンキング」には、多くの作品があります。それらを少しひも解き、それらが生み出された理由にも踏み込んでみたいと思います。

(これからお読みになる方のために極力ネタバレは避けますが、多少のことはご容赦ください)

 まずは『SHAMAN KING KC完結版』(全35巻)。「マンキン(シャーマンキングの略称)」の原点です。描き下ろしおまけマンガ、過去の読み切り作品、最終巻には本編後の未来が収録されています。

『シャーマンキング 0-ZERO-』(全2巻)。葉や主要キャラの過去を描いたオムニバス形式のコミックスです。

『シャーマンキング FLOWERS』(全6巻)。マンキン35巻にも登場した葉の息子・麻倉花(はな)が活躍する続編で、とても重要な作品です。過去と未来をつなげる核の役割を果たしていると言えるでしょう。

 そして、最新作『SHAMAN KING THE SUPER STAR』。現在3巻まで刊行中です。『FLOWERS』と同じ時代が舞台で、大きな関連があります。「少年マガジンエッジ」5月号をご覧になるとお分かりになるかもしれません。また、同作はこれまで武井氏が描いてきた世界観・キャラを内包した集大成的な作品で、単なる直系シリーズであることを超えたクロスオーバー的な意味も持っています。

『SHAMAN KING レッドクリムゾン』(講談社、全4巻)は、新連載『マルコス』と同様、ジェット草村氏がマンガを担当
『SHAMAN KING レッドクリムゾン』(講談社、全4巻)は、新連載『マルコス』と同様、ジェット草村氏がマンガを担当

 続いて、武井氏が原作、マンガをジェット草村氏が手がける作品で、『SHAMAN KING レッドクリムゾン』(全4巻)と新連載の『SHAMAN KING マルコス』です。

『レッドクリムゾン』は、麻倉葉のライバル・道蓮(タオ レン)の出身・道家が背負う血塗られた過去を清算しようとする物語であり、『マルコス』は長らく姿を消していた「X-LAWS」元隊長・マルコにまつわる物語が展開される予定です。

 順番としては、『マンキン』→『レッドクリムゾン』=『マルコス』→『FLOWERS』=『SUPER STAR』となりますが、『マンキン』以外の4作品の舞台は、かなり近い時代が描かれています。その集中には何か理由があるのでしょうか?

【画像】初めて作品を手に取る人へ!「シャーマンキング」シリーズ作まとめ(6枚)

画像ギャラリー

1 2

タシロハヤト

美少女ゲームブランド「âge(アージュ)」の創立メンバーで、長らくシナリオ、演出、監督等を務める。代表作は「君が望む永遠」シリーズ、「マブラヴ」シリーズ。現在はフリーで活動中。『シャーマンキング』の作者、武井宏之氏と旧知の関係である縁から、同作の20周年企画に参加している。
https://twitter.com/tamwoo_k