マグミクス | manga * anime * game

【望月英の「今から始める!」洋ゲーガイド(8)】気づけば朝? なストラテジーゲームの魅力

国家レベルの競い合いを主題とした「ストラテジーゲーム」というジャンルは、FPSなどのシューターゲームと違い、じっくりと先を読んで手を打っていく戦略性が魅力。その代表的ゲームである「シヴィライゼーション」シリーズについて、洋ゲーに詳しい声優、望月英さんが解説します。

じっくり2手3手先を読む「戦略性」が醍醐味

PS4版『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』(テイクツー・インタラクティブ・ジャパン)
PS4版『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』(テイクツー・インタラクティブ・ジャパン)

 皆様こんにちは! 望月英でございます。連載「洋ゲーガイド」も気がつけば今回で8回目、前回まではシューターゲームばかり取り上げておりました。このままだと「洋ゲー=シューターゲーム」なの? もしくはこのコラムが「望月英のシューターガイド」なの? と思われる方も出てきてしまうかも……。

 ということで! 今回はリクエストをいただきまして、ストラテジーゲームの金字塔ともいえる名作「シヴィライゼーション」シリーズについてご紹介したいと思います。

 望月もシューターゲームほどに専門的な知識があるわけではないのですが、時には詳しい知人友人に話を聞きつつ、皆さまと一緒に勉強できたらと思っております。

「シヴィライゼーション」(通称Civ)シリーズは、文明発展をテーマとした、ターン制のストラテジーゲームです。前回までご紹介していたシューターゲームは「人と人」の競い合いでしたが、ストラテジーとは「戦略」、「国家」や「種族」など、より大きな規模での対戦を行うゲームとなります。

 プレイヤーごとの手順がある、ターンベースのゲームとなるので、シューターのような反射神経や瞬時の状況判断ではなく、じっくりと腰を据えて2手3手先を読んでいき、まさしく「戦略」を練っていく楽しみが同ジャンル最大の魅力ですね!

 Civシリーズは、比喩表現なしに「底抜けな中毒性」を持っており、「朝から始めたのに気がついたら次の日の朝になっていた」「連休が知らない内に霧散していた」なんて苦情(笑)がネット上に多数あがっています。

 シリーズ3作目では、夜遅くまでプレイしていると画面上のTips(アドバイスコメント)に「寝るのは軟弱者だけです」なんて煽りメッセージまで表示されます!

 アメリカでは、アルコール中毒者の団体「アルコホーリクス・アノニマス(匿名のアルコール中毒者団体)」をもじった、「シヴィライゼーション・アノニマス」というCiv中毒患者の社会復帰を支援する団体が設立されたほどです! プレイの際は…お気をつけてほどほどに!(笑)

1 2 3

望月英(もちづき・えい)

6月5日生まれ、埼玉県出身、プロダクション・エース所属。
声優、舞台、MC、配信番組パーソナリティと幅広く活躍中。主な出演作はアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』、『PHYCHO-PASS』、ゲーム『Life is Strange』、『Over watch』、『Assassin’s Creed Origins』など。自身が声優を担当するゲーム『BORDER BREAK』(アフマール役)の公式番組「ボーダーブレイクのボ!」ではレギュラーゲストとして毎回出演している。 Twitter:@ei_mochiduki

●個人配信:「望月英の週末配信」(Twichにて毎週土曜日24:00から配信)
https://www.twitch.tv/ei_mochiduki