マグミクス | manga * anime * game

【望月英の「今から始める!」洋ゲーガイド(21)】FPS初心者脱却へ!<攻撃編>

ゲーム大好き声優、望月英さんが、世界で人気のゲームについて語る連載企画。21回目は、FPSの初心者におすすめしたい、「攻撃」の上達に役立つトレーニング方法について解説します。

オススメの「エイム」(狙いをつける)トレーニング法

FPSにおける攻撃では、射撃をしっかり標的に当てるための「エイム」が基本。画像はFPSの人気作『Apex Legends』 (C) 2021 Electronic Arts Inc.
FPSにおける攻撃では、射撃をしっかり標的に当てるための「エイム」が基本。画像はFPSの人気作『Apex Legends』 (C) 2021 Electronic Arts Inc.

 皆さんこんにちは! 望月英でございます。「大変じゃなかった人はいないんじゃないか?」と思える2020年から、新しい年が明けましたね。昼夜の気温差も大分辛くなって参りました! 皆さま、できる限り健康的なゲームライフをお送りくださいね。

 さて! 今回の「洋ゲーガイド」は、ガチガチの座学でございます。FPSの「初心者」を脱却してその先に行く方法、攻撃と防御に関する一歩進んだテクニック、そして練習方法について、可能な限り言葉にしていきたいと思っております!

 FPSやTPSといったシューターゲームにおいて敵を倒す方法、それは主に「射撃をしっかりと敵に命中させる」ということになります。敵を見つけた後に、クロスヘア(照準)を合わせ、敵を倒しきるまで弾を当てる。この一連の流れが速ければ速いほど「攻撃が上手い」ということになります。

 最近のゲームであれば、基本的に「射撃訓練場」や「トレーニングモード」など、練習するのに適したモードがあります。まずはそこに入り、的を決めましょう。的がないトレーニングモードであれば、壁の模様といった的の代わりになりそうなものを探しましょう。

 的を決めた後は、さまざまな方向からマウスやパッドのスティックを「どれくらい動かしたら的に照準が合うか」を身体にしみこませていきましょう。

 マウスは主に腕や手首、スティックは指で動かすもの。前後左右、同じ距離であっても、人間の身体の構造上、少なからず力加減の誤差を感じるはずです。あらゆる方向に、瞬時に思っている通りの場所に照準を合わせることができるように、最初はゆっくり、慣れてきたら徐々にエイム(狙う)スピードを上げ、「ここ!」というタイミングで銃を撃って、命中しているかどうか確認をしましょう。

 少し上級の練習になりますが、複数狙える的があるなら、的を狙って撃つ、当たったら次の的を狙って撃つ……をさまざまな順番で繰り返すのも、非常に効果的です。

 反復練習がくたびれたり飽きたりしてきたら、遠目の建物や坂の傾斜の「ふち」をなぞる練習もオススメです。とにかく色々なものを狙い、色々な動きを身体にしみこませましょう。

1 2 3

望月英(もちづき・えい)

6月5日生まれ、埼玉県出身、プロダクション・エース所属。
声優、舞台、MC、配信番組パーソナリティと幅広く活躍中。主な出演作はアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』、『PHYCHO-PASS』、ゲーム『Life is Strange』、『Over watch』、『Assassin’s Creed Origins』など。自身が声優を担当するゲーム『BORDER BREAK』(アフマール役)の公式番組「ボーダーブレイクのボ!」ではレギュラーゲストとして毎回出演している。 Twitter:@ei_mochiduki

●個人配信:「望月英の週末配信」(Twichにて毎週土曜日24:00から配信)
https://www.twitch.tv/ei_mochiduki