マグミクス | manga * anime * game

【シャーマンキング30周年への情熱(48)】小さな「設定」に込められた、アニメ化の「大きな目的」とは?

ゴーレムとそれを呼び寄せたセイラームの呪文の意味とは?

花組の襲撃に対し、道 潤の持霊・白竜(パイロン)が奮闘する。アニメ『シャーマンキング』29話より
花組の襲撃に対し、道 潤の持霊・白竜(パイロン)が奮闘する。アニメ『シャーマンキング』29話より

 一方、潤たちが花組と戦っている間、アンナはルドセブとセイラームを連れてその場を離れています。その際、置いて来た(忘れて来た)ゴーレムを呼び出す際にセイラームが使った呪文のような言葉について説明します。

 まずゴーレムですが、これは元々ユダヤ教の伝承にある泥人形です。今回29話のタイトルだった「emeth」は起動キーで、意味は英語の”truth”(真理・真実)です。この文字を書いた羊皮紙をゴーレムの額に貼り付けます。ゴーレムを破壊する時は頭の「e」を消して「meth(英語の”death”で死を意味する)」にします。このギミックはファンタジーの謎解きに登場することもあるので、ご存じの方もいるかもしれません。

 そしてセイラームが口にした「ヘセド、ビナー、イェソド……」ですが、これもユダヤ教に基づく神秘思想に関係する言葉です。「セフィロトの樹」というものをご存じですか? 宇宙の原理、神の力といったものをいくつかの要素に分けて樹形図のように配置したものですが、そのなかで例えばヘセドは「慈悲」「4」「青」「木星」などを意味する要素です。

「カバラ」「タロットカード」とも関わりがあり、宗教、魔術、神秘思想的に重要な存在なのです。ゴーレムという謎の存在、ユダヤとの関連がこの兄妹にどういう意味を持つのかはそのうち明らかになるでしょうが、意味深なふたりであることは確かですね。ちなみに、ミッキー麻倉、ルドセブ、セイラームがシャーマンファイトに参加する際のチーム名は「カバラーズ(KABBALAHERS)」です。

 最後に。アニメでは前回からオープニングとエンディングテーマが変わりました。オープニングは水樹奈々さんの熱いサウンドですが、エンディングは原作でも特に人気のエピソード「恐山ル・ヴォワール」編をイメージしたものになっています。それを見ると、ついに放映される時期が来たのだと実感します。葉とアンナの過去を描いたエピソードがどのように表現されているのか、とても楽しみです。

 なおこの連載では、「恐山ル・ヴォワール」編の舞台となった青森市~恐山を取材したレポートを2020年末に掲載しています(第19回~22回)。こちらもあわせてご覧いただければと思います。

 それでは今回はこの辺で。また次回よろしくお願いします!

(タシロハヤト)

【画像】『シャーマンキング』29話は女たちの戦いが白熱! 対峙する花組と道 潤・たまお(5枚)

画像ギャラリー

1 2

タシロハヤト

美少女ゲームブランド「âge(アージュ)」の創立メンバーで、長らくシナリオ、演出、監督等を務める。代表作は「君が望む永遠」シリーズ、「マブラヴ」シリーズ。現在はフリーで活動中。『シャーマンキング』の作者、武井宏之氏と旧知の関係である縁から、同作の20周年企画に参加している。
https://twitter.com/tamwoo_k