マグミクス | manga * anime * game

色でメンバーを分ける『戦隊』と『プリキュア』 比べて見えた「人気色の違い」とは?

特撮の「スーパー戦隊」とアニメの「プリキュア」では、色でチームメンバーの個性分けをするのが共通点です。しかし、互いのシリーズ作品を並べてみると、使われている色が微妙に違います。それは男女の色の好みを反映しているのでしょうか?

シリーズ当初は「色」の区別が明確ではなかった

『秘密戦隊ゴレンジャー』は、戦隊メンバーの色分けで後の作品に影響を与えた。画像は「秘密戦隊ゴレンジャー Vol.1」DVD(東映ビデオ)
『秘密戦隊ゴレンジャー』は、戦隊メンバーの色分けで後の作品に影響を与えた。画像は「秘密戦隊ゴレンジャー Vol.1」DVD(東映ビデオ)

 同じ作品内にヒーローが複数いると、誰にでも見分けがつくようにすることが必要となります。一般的にはデザインで違いを見せるのものですが、「色」で見分けるやり方が集団ヒーローものでは定番。そこで代表的な集団ヒーローものの「スーパー戦隊シリーズ」と「プリキュア」を例に、色のイメージについて考えてみましょう。

 色で各ヒーローの個性を描くという方式は、一般的にはスーパー戦隊シリーズ第1作『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975~1977年)が草分けだと考えられます。一応、『仮面の忍者 赤影』(1967年)や、同時期の『超電磁ロボ コン・バトラーV』(1975年)など、色によるヒーローの個性分けは他にもいくつもありますが、その後に与えた影響の大きさを考えると『ゴレンジャー』から始まった戦隊が色分けヒーローの元祖といっても差し支えないでしょう。

 しかし、戦隊の色で個性を出すという方式は、当初から確立していたものではありません。第3作『バトルフィーバーJ』(1979年)では、色ではなくデザイン(国)で各ヒーローの個性を出していました。それが色中心にシフトしたのは、第4作『電子戦隊デンジマン』(1980年)からとなります。

 この色の個性もシリーズが進むにつれて変化していきました。当初は悪人の色だった「黒」や、撮影の都合で敬遠していた「白」を取り入れるなど、『ゴレンジャー』で使った赤、青、黄、桃、緑の5色を基本として、作品によって使う色を変えていきます。

 時には『未来戦隊タイムレンジャー』(2000年)の追加戦士タイムファイヤーのように、赤の戦士をあえてふたりにしたり、『忍風戦隊ハリケンジャー』(2002年)の電光石火ゴウライジャーのように、色のかぶった他のチームを登場させたりと、マンネリにならないよう定期的に変化を加えていました。

 一方のプリキュアも、最初からチームを色分けしていたわけではありません。それは第1作『ふたりはプリキュア』(2004年)でキュアブラック、キュアホワイトと、名前に黒と白という色を付けていますが、作品自体が当初はバディものとしてスタートしているからです。

 このプリキュアが色分けされたのは、チームものとしてスタートした第4作『Yes!プリキュア5』(2007年)からでした。しかし製作の東映アニメーションとしては、過去に『美少女戦士セーラームーン』シリーズ(1992~1997年)、『おジャ魔女どれみ』シリーズ(1999~2003年)といった女子向けヒロインの人気シリーズがあるので、その延長線上にあるものと考えられます。

【画像】「色」の通例を崩した、「戦隊」と「プリキュア」の最新作、メンバーの色を比較!(4枚)

画像ギャラリー

1 2